ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、風呂に入っていたら突然強くこみ上げてくるものがあってさ。それはこんな言葉でして。 「勇気を持って否定してやるさ、過去の素晴らしき名作たちを」 だからさ、勇気を持ってさ。否定してやるんだ。


次の展示会用のカタログが送られてきました。

pannhu1.jpg


ほ、本格的。


大丈夫なのか俺の絵をこんなところで出展して。

今までアングラな場所でばかり出展してきたから、こんなところで大丈夫なのかな、本当に。

って、別にそんなに思ってもないことを大げさに書いてみる。


むしろ、「見てくれないか?俺の描いた絵をさ」ってすごく思う。
偉そうだけれど、本当にそう思う。


僕は、美術の勉強をしたことがありません。

だから何さ。so what?
だからってコンプレックスがないと言えば嘘になるけれど、むしろ今の美術界(そんなものがあるのかどうかも怪しいですが)にとってはコンプレックスどころかある意味強みにさえなるんじゃないかって思います。

と、またまた根拠もなくエラそーに言ってみる。


僕が感化されて影響を受けて尊敬している人たちって画家よりも音楽家に多くて、そんな尊敬する人たちが別に専門的な教育を受けてきてはいないのはなぜ?

物凄く心を鷲づかみにされる音楽を作り出すのに、なぜ?


何でや?


pannhu2.jpg

アップ部分。

今回このカタログのためにいろんな画像を送ってみたらこの絵を載せてくれたのですが、今度出展する絵はこの絵とはぜんぜん違う絵を出展します。

絵の横に評論文が載っていて(しかも英語訳つき)、こうやって印刷された活字となって人に評論してもらうのは初めてなのでせっかくだからここに詳細を載せます。



GODA WORLD

緑色の風景に緑色の道がある。その中から緑色の髪をした少女が生えているような光景。
シュールで奇怪な世界観と純粋な幼児性を兼ね備えたような作品だ。 

There is a green road in a green landscape.
A little girl with green hair emerges from the road.
This work has a strange and surrealistic atmosphere siultaneously with pure sense of childhood.
(Iwasa)



☆   ☆   ☆

そして、

現在制作中の絵は、女房にダメだしをされて描きなおし中。

え?他人の意見に左右されるのか?

違います。こいつ(女房)は、ちゃんと絵を見る目を持っているので『僕がサボって手抜きをしてイイ気になっている』ところを指摘してくれるんです。
めっさ腹立ちますが、ズバズバと言い当てられるんですよ。

出展まであと半月。

間に合っても間に合わなくてもこの絵は出す。必ず出す。
出展点数はたぶん全部で3~4枚出す。まだ未定。


そして、昨日殴り書きでメモした痛い言葉は冒頭のこれ↓



勇気を持って否定してやるさ。名作たちを。




GODA





Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。