ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

atsuicchuunennって変換するの忘れたkど、あ、けど、ああ、もういきなりめちゃくちゃやーー、もうどーでもいいや。



暑いわ。暑い。


別にどーでもよくはなくて、たくさんの色々なことがあって、それを上手にまとめて文章にする能力が無いっていうか、暑すぎて頭が回転しないのでとりあえずすみません。のゴーダです。


とりあえず↓

maturi.jpg


たまたま次の出展の打ち合わせがこの日だったので、人がいっぱいで困りました。


コーヒーすら飲めやしない。誰がコーヒーを飲むために行列してまで・・。絶句や。



ま、それはいいのです。


それよりも、次の出展は過去の京都アートフリーマーケット出展者の中から選ばれた10人で展示するらしく、その中のひとりに選ばれたらしいのですが、まあ、それは別に、僕としては。どちらでも。

もちろん嬉しいですし、光栄ではありますが、そのために絵を描いているわけでは一切ありませんし、本当にどちらでもいいんですよ、Whateverなんです。 

ってこれ主催側の人読んでいるんかな?読んでいるわきゃねえか。もちろん別に読んでいてもいいんですが。
あ、でも、わざわざメールをしてくださったT-kuwaさん読んでくださっているのだろうかまだ。
この人はかなり面白いです。もう読んでくれてないかも知れませんが、呼んでみようか。「おーい」。




鹿ーし。


問題はそこではなくて、もっともっと別のところなのです。
それはですね、どうやら出展者のジャンルを見せていただいたところ、どー見ても僕は「日本画」の代表みたいな感じになってしまっている立場に間違えられかねない状態なのです。

「日本画」って何?

知らんで俺。日本人が日本で描いたんやから日本画ちゃうの?
もっとおったやろ?他のあるべき姿の道を歩んでいるお人たちがさあ。

何とか会とか何とか協会みたいな入会金とか年会費とか払ってやってる人らがさあ。おったはずやろ?

どーりで提出資料に

「誰のもとで師事を受けましたか」みたいな記載欄があったわけだ。


師事って何ぞや? 


ほんまに頼むぜハニー状態や。

岩絵の具と膠でちゃんと順序良く言われたとおりに制作してる人を一人は選んでるほうがええんと違うか?
加山又造みたいな絵を描ける人もおるやろ?知らんけど。

東山魁夷とか、あのえっとシルクロードのおっさん、誰やったっけ?
ああ、平山郁夫大先生か。(←今、女房に教えてもろた)


ええやん。ジャンルなんかどーでも。
画材なんか何でも。


岩絵の具?使ってるよ確かに。膠?うん。使うよ。広い面積は。

でも、膠なんかクソ面倒じゃないか。
あんなのが大好きなんて「ドM」やぞ。
アクリル絵の具に混ぜたらええやん。何やったらジェルメディウムでええんと違う?

変色さえなかったら「のり」でもええと思うよ、俺。
アロンαとかさ。

いや、変色してもそれすらもイイ絵になったらいいんと違う?
それでも感動を与えられたら凄いんじゃないの?


この文章は削除しました。
この文章は削除しました。
この文章は削除しました。
この文章は削除しました。
この文章は削除しました。
この文章は削除しました。


・・・。


あかん。暑いのに熱く語ってしまった。あー暑い。

やめよ。



担当のかたに説明されたときに、

「俺、べつに誰にも喧嘩売るつもりないんやけどなあ。でも何とか協会とかのエライさんは『こんなの日本画ではない!』とか鼻の穴ソフトボールぐらいにふくらませて文句言ってそうだなあ、別にええけどさ。」

 って思いながら聞いてました。


そのエライさんとやらの絵を見てみたい。
どんな絵描くんだろう?


んで、僕はとっても優しいし、あんまり荒波を立てたくはないので出展はパネル状ではなくて、やっぱり描きっぱなしのピン止めでやろうと決めたのでした。

存分になまなましさを見て欲しいね。


本当はいろんな案があるんだけれど、女房から「たのむから場所をわきまえて。お堅いところなんだから」って怒られましたので、やめるつもりです。



気をてらったモノはその場かぎりだしね。



僕はそんなチンケなフィールドで絵を描いてはいません。


何度でも見たい。
せめてもう一度見たい。

と思われるような絵を描きたい。いや、描く。



ルールなんて知らない。絵の世界のルールなんか知らない。興味ない。




しかし、知っていることがひとつだけある。



僕は今まで知っていたくせに、ずっとこの事実から逃げていました。

それは、




「僕はこの世界で絵を描くために生まれてきた」




ということです。




GODA




Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。