ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨のにおいがすきなんだけれ

ど、

窓をあけていると湿気るから(湿気る?こんな動詞あったか?)窓をしめろってさ。


雨がずっと降り続いてますが「てるてる少女」の絵を買ってくださった人、文句言ってないかなあ。

でもたしか「てるてる少女」っていう題名がついてることも知らなくて買ってくれたはずだし、まさかその絵がてるてる坊主の役割を果たしているなんて知らなかっただろうし・・ま、いいか。

pianogirl.jpg

ああ、ここでどーでもいいことをひとつ。
台風が来ても、桶屋は儲かりませんので大丈夫ですよ、って何が大丈夫かわかりませんが。


久しぶりに友人とインド料理食べて、ちょっとしたBARで酒飲んで楽しみました。
本当は僕は薬を多量に飲んでるから酒は禁止なんだけれど、自分が飲みたい人とならば飲みます。
ほとんどいないですが。

「おいしい酒」なら飲みたいです。おいしい酒というのは、お酒を作るのが上手な意味のおいしいではなくて、「おいしい酒」です。店の雰囲気も大事ですが、酒は飲む相手で味が変わるということです。

よくあるじゃないですか。「おらー飲め飲めー」みたいな。知らんけど。いや、知ってるけど。
死んでくれって思いますね。ちょと言葉悪かったですね。んじゃ、逝ってくださいって思いますね。んー、言葉って難しいですね。じゃあ、成仏してくださいって思いますね。


☆    ☆    ☆


以上で日記はおわり。
ここからは絵のことです。


次の出展までに仕上げたい絵がすすまない。
↑のような小さい息抜き作品を描いててもしょうがないんだけれど、息抜きしないと本当に気が狂ってしまいそうだから。

大音量で好きな音楽(夜中なのでヘッドフォンです)かけて横になって目をつむっていると多少は落ち着くけれど、それでもダメですね。
棺桶のスタイルです。こう、両手を前に組んで目をつむって。じっとします。


描くべき絵はだいたい見えてる。
なんだろ? 描くべき絵のテンションに入っていけないというか。
その絵を描くための精神状態になるには時間がかかるのと、僕の精神がモタナイということです。
真っ暗の部屋で棺桶スタイル。
大音量で耳から音楽は鳴ってはいるけれど全然聞いていない。
ただ、落ち着かせているだけ。大切なものを。
魂は、描け!描いてくれって叫んでる。それはわかる。
精神的なものと、あとは肉体的なものがついていかない。



ただ、悔しいかな、描くべき絵のインスピレーションは受けている。
描くべき絵は見えてる。 見えてるのに。

それに、ひとつの線にも妥協はしたくない。


そういえば前に展示してたときに、ある男の人が「例えばこの線が1cmずれたらやっぱりダメなんですか?」って聞かれたことがあります。

昔の僕なら「いえいえ、そんなんテキトーです。どこでもいいんですよ、わっはっは。」とか答えてたんじゃないかなあ。本当は違うのに。


1cmどころか1mmずれても直します。



もちろんその人には、1mmずらした線の痕(あと)を教えました。
よく見ると見えるんですよね。


よく見ると。



Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。