ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30代未婚男女増えてるって本当?

o-dan.jpg

「横断しよう そうしよう」アクリル、壁紙90X90cm

30代の未婚男女が増えているらしいという記事を読んだのですが、本当かどうかは別にして確かに僕のまわりの30代は未婚や、もしくは離婚による独身者が多い。



記事や情報はいくらでも操作可能なので信用するには特に値しないんだけれど、僕のまわりに限って言えばあながち外れてもいない、というよりもど真ん中の直球で当たっているのは間違いない。



のですが、別に未婚だろうが何だろうが僕自身本当にどうでもいい、とまでは言わないにしても、いや、本当はどうでもいいと思っているのですが、例えばぼくでさえ、まわりで未婚が浸透していると感じることができるのだからおそらくそうなのだろう。



例え話で紹介するならば、ベトナムに女房と旅行に行った時に(いきなりベトナムの話ですがちゃんと話は30代未婚の話に繋がっていくので)やたら女房が「アオザイ」を欲しがるわけなのです。

優しい僕はちゃんと、アオザイと言うのは何と言えばいいのかなスレンダーな線とスタイリッシュなセンスとが合わさってるからこそその美しさを表現できるんだよ、一言でいうとそうだねえ恰幅の良い立派な体格の持ち主にはなかなかそれはむつか・・と教えたのですが全く聞く耳もたずで注文してるんですよねしかもオーダーメイドで。



まあそれは別に構わないんですが、いい加減な二人なので仕上がる予定の日に再度訪れる時に、それを受け取るのにその店じたいがどこにあったのか二人とも忘れてしまい、それはそれはとても大変な思いをしてそのアオザイを買ったものです。



ここからが大事な事なのですが、それを日本で、いやベトナムでもどこの国ででもどの場所ででも、とにかく
そのアオザイを女房が着ているのを一度として見た事がない、というのが実情でして、それは男の方なら僕がとっても怒るのも無理ない話だということはおそらく普通のかたならば理解してもらえるんじゃないかとは思うのですが、なかなか女房に言及しても何だか言いにくそうな、どこか引け目を感じてるような素振りで的を得ない答えが返ってくるのみだったのです。



そこで、いろいろ聞いてみると、どうやらそのアオザイは彼女の友達たちが結婚した時に、その結婚式に着ていくための服だったようでして、それはまだ一度としてその服に袖を通したことがないという状態であるので、今回の記事にも当てはまるんじゃないかな、と思ったのです。



そうか。あのアオザイは友達の結婚式用なのか。



結婚はともかく、出産は、もっともっと大きな何といいますか「力」が働いていますから何とも言えないんですが、へえーそーなんですか、30代がねえ、へえーっ、そうかなあ?

Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。