ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダンスダンスダンス」

女房と娘が一週間ほど実家に帰っているので最近は独身生活を楽しんでいる。



             

             「 ダンスダンスダンス 」   アクリル画



村上春樹の「ダンスダンスダンス」を読んでいるところでコーヒーを飲むために火にかけていたやかんポットが3軒先まで聞こえそうな音で甲高い音を鳴らし始めたので急いで火を止めに行く。



女房と娘が一週間ほど実家に帰っているので最近は独身生活を楽しんでいる。

楽しんでいるとはいっても、本当に「ひとりきり」で「ひとりきり」を純粋に楽しんでいるだけなのだ。一人の時間はぼく自身にぼくを見つけさせてくれる。

真っ直ぐに家に帰らないので、ぶらぶらして飯も食って帰ると夜の11時前になる。



本当はまだ、そのあとにコーヒー屋でも入ってゆっくりコーヒーを飲みながら本でも読もうと思っていたんだけれど考えてみたら家にスターバックスのクリスマスブレンドとヴェロナがまだあったので、家に帰って自分で作ったほうがいいや、と思い、コーヒー屋のレジの綺麗なお姉さんに「あ、やっぱりいいです。財布忘れたんで。」といって注文せずに店を出た。

どう考えても、家でひとりで飲むよりもあの綺麗なお姉さんのいるコーヒー屋で飲んだほうが絶対いいに決まってるのに馬鹿だなあと我ながら思う。



☆ ☆ ☆



やかんポットの甲高い音は3軒どころか、通りの端まで聞こえるような大きい音だった。

ガスの火を止めて、沸騰したてのお湯を少しだけ冷ましている間(ほんの少しだけ冷めたぐらいがおいしい)にぼくは「ダンスダンスダンス」のことを考えた。



「踊るしかないんだ。みんなが感心するくらい上手く。」



ぼくは天井を眺めながら自分は踊れているのだろうか、ちゃんと上手にステップを踏んでいるのだろうか、とそのことを真剣に考えた。大事なことだ。非常にとても大事なことだ。

下手だろうが不恰好だろうが不器用だろうが、とにかく踊るしかない。踊らされるのではなく自分から踊るのだ。それも楽しく明るく。



そんなことを考えながら作ったコーヒーは、ぼくにしては悪くはない出来だったが、一口飲んでふっと一息ついたら



『女房の作ったコーヒーが飲みたいなあ』と思った。

Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。