ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういう幼稚なことをすることで自分の中のドス黒い何かが緩和されて落ち着くんだよ、ゆるしてやってくれ

IMG_5288asmall2.jpg

「 so I lit a fire 」
岩絵の具、アクリル、シャーペン、色鉛筆、etc  75cm×75cm


■2016 5/17~5/21  London Menier Gallery 出展  (51 Southwark street London SE1 1RU)

ロンドンで出展する
なんだかんだで半年くらいかかった絵
画像はサムネイルなのでクリックしたら大きくなる

とにかく実物を見てもらわないと絶対伝わらない
いつも言ってるけれど、これただの画像だから
PCの画像って、絵っていうか「絵画」じゃない

何故ゆえにロンドン?
イギリスで出展して何があるの?

確かに僕はUKの音楽に魅了されているし、皮肉屋の民族に多少興味はあるけれども、絵画としてイギリスには何の興味もないんだよね
この民族がやってきた歴史にもあまり共感できないし
だからそれなりのモノを込めた絵にした

僕の絵はまわりに白いフチがあるので、そこには「ブリカス乙」とか「ブリカス○ね」とか書きなぐってる跡があるんだ
こういう幼稚なことをすることで自分の中のドス黒い何かが緩和されて落ち着くんだよ、ゆるしてやってくれ
まあ、イギリスに送る直前に手でこすって消したけれど

もっともっと酷い絵で無茶苦茶にしてやろうと思ってたんだけれど、ポップに仕上げた
それもこれも、僕の絵をロンドンに送り届けてくれる日本の担当の人に迷惑がかかるのを危惧したのも考えなかったと言えばウソになる

どうせ消さなくても日本語読めないだろうし、JAPなんて馬鹿にしてるだろうから読めたとしても猿が何か言ってるわ、くらいにしか思われないから
知ってるかい? 日本人なんて猿以下だと思われてるよ?
Fuckin JAPがお絵かきか? お笑いだぜ!ってさ

こっちが笑ってやるぜ
ロンドン? 冷静になってみるとたいして憧れなんか無いよ
昔は、すごい憧れていた気がする

少なくとも僕は絵画に関しては日本の方がずっとずっと凄いと思ってる
音楽は完敗だ、、猿まねと笑われてもぐうの音も出ない

絵は日本が一番凄いと思う
だからこそ
JAPとか言って馬鹿にしてる奴らに
そういう場所に叩きつけてやるんだ・・



っていう個人的な思想はどうでもいいや、って思った
だから無意味なメッセージは消したよ

なんだかんだ言って、結局は僕自身にとって「イイ絵」にしたいから
確かに、彼らに僕の絵なんてどうせわかるわけない
彼らはJAPを馬鹿にしてるけれど、僕はそれ以上に彼らを本当に馬鹿にしてる
怒りをぶちまけて奇を衒うのは一時の感情にまかせた愚かな行為であり(そういう瞬発力のある作品も好きだけれど)、どうせならばこの機会を利用してこの場でしかこの瞬間にしか作れないしっかりと地に足をつけた作品に仕上げようと決めた
要するに、いつもの自分の絵にすることにした

それが提出期限の一か月前


結局、ここまでポップに仕上げて自分の絵らしくなったので、そこで手を加えるのをやめた
僕はポップなものが好きだからね
すごくポップな絵になったろ?

タイムリミットが来ていたので、これを消して、一から仕上げる元気は無いのでこの状態でOKとした
正直、色塗りが間に合わなかった
不本意だが、彼らにはこの程度でちょうどいい
息子のショーンレノンもCMで言ってたよね、「ちょーどいいー」って
何やってんだか
どいつもこいつも

ロンドンから帰ってきたら最後まで仕上げる


どうせだから、タイトルも変えてやった
はじめのタイトルは「Suck my Dick」だった
それから何回か変わって、「 so I lit a fire 」 にした

The Beatlesを生み出した国だしね
John lennonが書いた最高にセンスある歌詞をタイトルにしてあげたけど、HOW?
まあ、僕はこの一節が凄く好きだから

たまたまそれらしい絵になったし


偶然だけど



Goda world









Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。