ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カシミール(スリナガル)滞在3日目

surtanya.jpg

こいつお抱え運転手のスルターニャ。もちろんムスリム。


英語は読めないし、書けない。だからぼくとの会話がたいへん。
何にも通じないから。表情とジェスチャーだけ。

それに、英語以外の教育もまともに受けてないことは周りの人が言っているように少し話せば雰囲気でわかる。
教育を受けられない人に特有の感じがあります。
それを恥じているし、コンプレックスになっている独特の雰囲気と振る舞い。
けれどこいつが一番人間として優しいかな。

そこの大家族は、毎日夜の就寝を家族全員が広い大部屋でごろ寝するんだけれど朝起きてその大人数の布団をたたんで片付けるのは女の人の役割みたいで、大ばあ様がひとりでせっせと曲がった腰で大人数の布団をあげてました。はあはあ言いながら。

それを男たちは全く手伝わずに見てるだけ。

もちろん、僕は、、僕自身決して人間として善い人だとは言えないし、偽善者で自分勝手で嘘吐きだし、世間なんぞくだらない、世の中なんてぶっ壊れたらええねん、なんてかなり危険な発想もたまにいや結構するし、だけれどそんな大ばあ様を黙って見ていられるほど鉄の心臓を持っているはずもなく、ほおっておけばいいのにその老婆の仕事を手伝ったのです。

老婆からはもちろんお礼の言葉も何もありませんでしたし(お礼を期待するくらいなら手伝うなよな)、まわりの男たちは皆「あいつ何してんねん」的な不可解なぼくの行動に?マークを頭の上に並べてました。

どこか、小学校の頃みんなでさぼってんのに一人せっせと掃除してるキモいやつみたいな。
でもこれ、今現在のぼくそのものやん。キモイって言わせたくてわざとキモイ人間を演じてるような。
ま、もし、みんなが真面目に掃除してたら逆にぼくはひとりでサボるけどね。


そんな時。
上のスルターニャがぼくの行動を見て手伝ってくれたのです。
おそらく身分制度の中では低いはずの彼は、ひとりで手伝ってくれたのです。
だれも男たちは手伝わないのに、勇気を出して手伝ってくれたのです。


でも僕はこういう人間が好きなんだよなあ。








Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。