ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでこの星に生まれて来たん? 他にもあったやろ?これだけ広いんだから。宇宙って。

20151003b.jpg

「 おちつけ 」
岩絵の具、アクリル、シャーペン


パイキョーのゴーダです。
あと、Goda worldもやってます。



20151003a.jpg

いやーまいったね。流石に。

別に、運動会にマイッタわけじゃないんですよ。
まあ、体調悪いから少しはしんどかったけれど。

観客席がギュウギュウの中、横に入り込んできやがったオバはんに参りました。降参です。
オバはんって言っても多分俺よりも10以上若いと思うけれどクソBBAでしたね。
クッソBBA。

まず、うるさい。
そして、こっちに占領してくるの。たすけてー。
ケバイ。
とどめは臭い。クッサ。
お前何の香水つけてんねん。クッサ。
無差別テロかよ。
無慈悲やのぅ。

こんな奴相手にしてんの?最近の先生って。
たいへんやで。

息子らしきクソガキと話してたからアイツがお前の子供なん?

ほぅ。

おい、クソガキよ。いや、お前がんばれよ。マジで。
前途は多難じゃ。
そやけんどのう、がんばれば何とかなるけん。
何をがんばるって?

知るかそんなこと。


□    □    □    □


運動会を眺めながらこんなことを考えていた。
純粋無垢な子供たちがはしゃいでるのを見ると、強く思うんだ。

なんでこの星に生まれて来たん?

他にもあったやろ?これだけ広いんだから。宇宙って。
よりによってココ?この星? 君らはマゾ?

って、こんなこと。


オカシイですか。ぼく。


でもマゾではない。いや、そうかも知れないが。
なぜ僕らはこの地球を選んで生まれて来たのか。

高畑勲監督のかぐや姫の物語にすべてが描かれていた。
絵も凄いし、あの竹取物語をこんな形で表現するなんて。

しかも中身は普通の竹取物語なので面白くない人には全く面白くないでしょう。
それでいい。いや、これだからイイ。

物凄く、物凄く深い。残酷で儚くて美しい。
日本を感じる。

本当はBD買ったから何回も見たいんだけれど、これを見るとしばらく絵が描けなくなるんですよ。
だからまだTV放送もふくめて3回しか見ていない。

何よりも何か所か笑える場所がある。
ユーモアって言うのだろうか。かなりハイセンスな。

漫才師の太田光がBD,DVDのキャッチコピーを何個も考えたらしい。
その中のひとつ。

「 高畑万歳 」


これでいいんじゃないかなあ。

元々の映画公開の「 かぐや姫の犯した罪と罰 」ってコピーはあまり良くないです。キャッチーでもないしピンと来ない。
これきっと高畑監督は不満だったろうなと思う。
宣伝用の映像も良くないよね。仕方ないけれど。
どこも使えないよね。ネタバレになるし。
それからタイトルの鈴木Pの手書き文字も良くない。もっとあったはず。
ただ、内容は最高だ。


何よりも音楽が素晴らしい。
劇中のわらべ歌は高畑監督が作ったらしい。

これは凄いよ。
あまりこの凄さを語られて無いけど、これは音楽をやってる人間はこの凄さに平伏しないとダメです。

地球で語り継がれてるメロディは単調な長調。
無垢で純粋。シンプルでわかりやすい。けれど、歌詞も単純そうで実は輪廻転生の内容。

同じ曲が、天人のうた(かぐや姫がなぜか知っていたメロディ)では途中から短調になる。
一気に切なさと美が交錯して脳が覚醒する。
ここで、言葉では言い表せないモノが胸をいっぱいにする。

久石譲かな?って思ってたら高畑勲。

この人、何者?


20151003c.png


今日はかぐや姫の物語のことを書くつもりじゃないんだ。
もちろんステマでもない。批評でもない。
この映画は商業的には大赤字だけれど、見る必要のある人は見るだろうし、見てもわからない人はたくさんいると思うし、それでぜんぜんOKだと思うし、不思議な映画だ。
これからずっと語り継がれていくと思う。


運動会で走り回っている子供たちを見ながらみんなどんな想いでここにやってきたんだろう?って。
そして、

ぼくも、あなたも。


Goda world






Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。