ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のまわりで僕が絵を描いていることを知っている人はものすごく少ない。数人程度。 ま、僕が言わないから。

20150809a.jpg

「 何と戦ってるんですか 」
岩絵の具、アクリル、シャーペン


20150809b.jpg


Goda worldのゴーダです。

このとおり。ダラダラしてます。

もうすぐお盆なので、何かそれに関する事柄でも書こうかななんて思って、今まさにPCの前におりますが、別に何か思うこととか意見とかは無いんですよ、ノンポリで無宗教だから。

ただ、京都のお盆はものすごく雰囲気がイイので数年前から実家に帰省せずにお盆は「京都で過ごす」ことにしました。

実家の墓参りは9月にずらして。
まあ、クソ暑い中を大渋滞のなか帰ることのバカバカしさに耐えられなくなっただけだけれど。


やっぱり悠久の歴史を持つ京都の五山送り火は、ちょっとやそっとでは説明できないモノがありまして。
この土地で生きていく、この土地で絵を描いていく、と決めたのだからこれだけは直接に肌で感じたい。

いけずな京都の人間がぞろぞろと出てきて、ビルやマンションの隙間から浴衣や軽装でウチワで扇ぎながら五山送り火を眺めている光景はちょっと他では味わえない「何か」がある。

普段は霊魂とか「知らんがな」と思っている自分も、さすがにこの時だけは何かしらに両手を合わせたくなる衝動に駆られる。


祇園祭りや時代祭とかはまったく興味がない。
コンチキチンの音楽は好きだけれど。
だって全国からわけの分からない輩がタムロしにやってくるだけのうんこ祭りだと思ってる。俺はね。

五山送り火は違う。
お盆だから、わけのわからない人間はあまりいない。そもそもお祭りでは無いし。だが、そこがいい。美しい。


祇園祭が自分の絵に表れることは無いから。
ただ、五山だけは何かしらの影響はある。言葉じゃ説明出来ないけれどその精神性って言うのかなあ、くっさ、何て言えばいいんだろう、その、、グワって来る感じ、が自分の本質と融合するんだよ。ちょっと何言ってるかわからんけど。


なんだろう。くっさい話になってきたから
話を変えよう。


僕は確かに絵を描いているから画家なんだけれど、「画家」って言われると何か凄くバカにされたようで腹が立つ。
画伯とか言われると刺してやろうかと思うくらいの嫌悪感がある。

だんだんと面倒くさい立ち位置になってくる。
自分のまわりで僕が絵を描いていることを知っている人はものすごく少ない。数人程度。
ま、僕が言わないから。

だけど、たまにどこから仕入れたのか知らんけど僕が絵を描いていると知って、声をかけるバカがいる。
「やあ、画家さん」

絵を描いてるんだからそりゃそうなんだけれど、テメエにそう呼ばれる筋合いは無い。
っつーか、てめえ誰だよ?
内心ものすごく煮えくり返っているんだけれど、僕はすごく大人なので
「ああ、ええ、画家です、ね。 はあ。」と答える。

お前、よかったな。俺が大人になって。
10年前なら殴りかかっていたよ。


てめえがどこの誰だか知らんし、まったく興味も無いし、てめえなんか勝手に野たれ死ねばいいが、てめえこの野郎、画家を舐めんじゃねえぞ。

いいか、何度も言わせるな。


画家を舐めんじゃねえぞ!!




Goda world




Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。