ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カシミールでは一日中、祈りの呼びかけの歌

kashi-sikara.jpg


カシミールの景色はたしかに美しいものでした。

ヒマラヤ山脈のふもとですから。


空港での兵士たちとの一件は一体何だったんだ、というくらい穏やかに時間が流れていました。

この地方はインドというよりはパキスタン寄りな感じでして、ほとんど、というか多分全員だろうけど、みんなイスラム教を崇拝しているムスリムでした。

インド圏内でありながらここまではっきりとした回教徒の集落が作られていて、カシミールという町を形成しているのです。

町中に祈りを呼びかけるスピーカーが取り付けられていて、アザーン?と呼ばれる独特のメロディでしょっちゅう歌い、割れそうな音で祈りを呼びかけているのです。一日中。
これはどう考えてもイスラム圏です。

kashi-view2.jpg
町の中心街

この歌は、はじめて聴いた時は何だか物凄く怖くて、ナウシカのドルクのイメージを彷彿させる歌だったのですが、聴けば聴くほど気持ちよくなっていったのはなぜなんでしょう。

エラそーに書いてても、ぼくはその当時インドのヒンドゥ教とイスラム教の違いさえ全く理解していなかったのですからかなり困惑しました。というか今でもあまり当時の理解度から変わりありませんが。

言葉なんかもインドを移動して教えてもらうたびに全然違いますし。
この二つの宗教は本当にビックリするほど全く違うというのが今のぼくの見解です。

これではたしかに何も問題が起こらないはずがありません。僕なんかが普通に考えると、隣のパキスタン(イスラム教圏)と同じ文化なのだからもうパキスタンでええやん、なんて思うのですが。

せっかくの穏やかな土地に、兵士たちが銃を持って町をうろうろと徘徊しているし、住民たちはそんな兵士たちを物凄く嫌ってましたし、インドとパキスタンでいまだに戦争しているのも頷けます。

戦争は本当は金儲けと利権のために一部の人間がはじめるもので、宗教争いなどは彼らに上手に利用されているだけなのに。

ガンジーもさすがにここまでは統一できなかったかもしれません。
どちらにしても暗殺されてしまったのでどうしようもありませんが。


僕以外にもたくさんの旅行者が(日本人もふくめて)すでに泊まっていると聞いていたのですが、そんな嘘八百なセリフをまだまともに受けるほど、まだまだ純粋な日本人の心をぼくは当時持っていたのです。

こんなところにノコノコ来るバカはいないでしょう。
当時カシミールは渡航避難勧告が出てたそうですし。
地球の歩き方なんかにはちゃんと忠告で載せているらしいです。

そして豪華な(見かけだけで全く機能していない)ハウスボートに案内され、当初とは全然違う法外な値段を要求され、当然宿泊者はぼく一人ということを知り、やっと僕はだまされたことに気付いたのです。

Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。