ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やることはいっぱいある。ただ悲しいかな、やる気がまったくないんだなこれが。この文も寝そべってスクリーンキーボードで打ってるよ。

20140103a.jpg

こんなに動かない日々がずっと続くなんて自分でもびっくりだ。

食ってうんこするだけの毎日。実家に帰るとなんにもせん。
4kg太った。クスリのせいではない。

あまりにクズ極まりない生活を続けてたら、ある日突然に朝から散歩行きたくなった。
お外って気持ちいいね。

あてもない散歩だったけど、途中からどこに向かっているのかわかった。
そうか。そうだったのか。忘れていた。

↑の写真はその途中の風景だ。この少し上(100mくらい先)にその目的地がある。
いい場所だね。いいところなんだよ。おれの実家。
この山のポコッとしたカタチが美しくて小さいころから大好きだった。

そんなことはどーでもいい。
目的は、昔の日記に書いた幼馴染のTくんの墓参りだ。もう削除してるけど。

小学校5年生の時に僕は一番の幼馴染を交通事故で亡くした。
当時はまだ小さかったから、死の意味などあまりわからなかった。
手塚治虫のマンガのイメージくらいしか持ってなかった。

でも、なぜだろう?悲しくはなかった。みんなが泣いているのを見て泣くふりをしてたくらいだ。
不思議と僕にはTくんが全く消滅して無くなったとは思えなかった。そこらにいると思ってた。

そしてバカだからいろんな大人に聞いた。Tくんはどこに行ったのか?と。
どいつもこいつも「天国だよ」とか「お空だよ」とかクソみたいな答えしか返ってこなかった。

そして僕は『 先生に聞こう。先生ならなんでも知ってる。』と思った。
でも先生もわからない様子だった。

僕は物凄い絶望にさいなまれた。
誰も知らないなんて!こんな大事なことなのに!
この星の人間は誰も知らないのか?


親に毎日聞いた。それでも誰も知らない、死後の世界はわからないと言われた。
でも幽霊は見たことあるとか、その程度の話くらいだった。
僕はこの時に大人も先生もバカだ。という思いを植え付けられた。
どんなにエラソーな人間もこんなことも知らずにエラソーに生きてるんだと。


おっと、長くなった。
しょうもないことまた書いてしもた。
やめよう。

久しぶり(2年ぶりくらいか)に墓参りをして、いろいろと話してきた。

笑ってくれたらいい。危ないヤツと思ってくれてもいい。
でもちゃんと会話してきた。
こっちの問いにちゃんと答えてくれるんだ。思い込みかも知れんが。



20140103b.jpg

ただいま。

やっぱり我が家は最高だね。
なんだかんだ言いながらもやることはひとつしか無いし。

ただ、HP(ヒットポイント)はあんまり残ってない。
いつまでやれるかな。


Goda world

Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。