ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛娘の幼児音楽はBill Evans



           



この画像(携帯)を撮って、わかったことが一つだけあるのです。

それは、くれよんしんちゃんを描いた人は物凄く自分の子供(しんちゃん)を愛していたということ。それはもう本当にたまらないほど。



        ★

今日もあいかわらず女房が買い物をしている間に、そ~っと、カール(うすあじ)を買い物かごに忍ばせているゴーダです。それはともかく文字がデカイのはあまり気にしないでください大した意味はありませんから、っていうかぼくの書く文章に深い意味なんぞありませんから本当にこれ参りました、って何か食わず嫌いなセリフですがぼくは相変わらず胡瓜がどうしても食べられないのですが、娘に目の前でパクパクと食べられた日にゃ、0才にして早や父親をまたいで軽々と踏み越えて行き、親父立つ瀬無しでまたもや暗い部屋の隅っこで膝を抱えて座っている毎日なのです。



ここ一週間以上もうまともにTVも見ていない状況ですから一体世間では何が行なわれているのか、何か地球上における生命としての重大な発展があったのかどうかさえ知らないという非国民な、いや、非人類なぼくですが、おそらくまだ自動車は石油で走ってるのだろうし、結局その資源の取り合いで世界もキュウキュウしてるのだろうから、例えば今日だってこんなにいい天気の日曜日に窓を開放させてウクレレでプレスリーのBLUE HAWAIIなんぞを娘に歌って弾いて聴かせてたら、何だかとても深刻そうな顔をしたおっさんが憲法9条を守ろう会の署名を頼みます、なんて我が家にやってきて、自衛隊が戦争することになってもいいんですかって言われて、ぼくはただ愛する娘に天気がいいからプレスリーを歌ってやってただけなのに困ったなあ、という表情で「9条を変えるとか変えないとかはわかりませんが、たとえば自衛隊が戦争に行くことを偉い人たちが勝手に決めたとして、若い人たち自身がそれでも戦争にいく、行かなければならない(たとえば金のために)んだという人がいることのほうがずっと問題だと思いますが。そんな人はいないと願ってますが。」なんて言ってみたものの、『こいつは阿呆だな』っていう変な笑顔で去っていったのでどうやら僕は見当違いな返答をしてしまったみたいで申し訳ないものです。

それにしてもこんなだらだら長くなるんだったら小さい文字にすればよかったなあと少し後悔してます。



久しぶりに買ったCDは、Bill Evans trioの「Waltz for Debby」で、「Portrait
in jazz」と迷ったんですがタイトル曲のtake1がボーナストラックで収録されてたので前者に決めました。えっ?今さら何言ってるんですか、こんな名盤中の名盤を持ってないわけないでしょう?って言われても持ってないんですっ。CDでは。



最近我が家はまるで保育園のような「おかあさんといっしょ」状態になっているのでここらでストップかけておこうという僕の密かな策略を女房は知らない。



Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。