ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作の絵と青空文庫と陶芸とパワースポットとテンションの話。

20130420a.jpg

「 あ、、そのテンション無理。 」 

岩絵具、アクリル、シャーペン 13cm×13cm (5mm)


青空文庫にハマっているGoda worldのゴーダです。
今さら「青空文庫」ってどうなん?って思うけれど、ちょっといろいろと思うところがあって青空文庫にお世話になっている。

電子書籍ならば、Kindleだっけ?amazonかどっかから出たやつがあったはず。
違ったかな。ちょっとググってきます。

おお、合ってた。Kindle。

このKindleを弟が母にプレゼントしていたのを以前に触らせてもらったらなかなか良かった。
(ちなみにどーでもいいが弟は漫画家である。プロの。)

そのKindleを買おうかどうか迷っていたのだが、そもそも本を買わなくなって久しい。
単純に老眼やら乱視やらで文字が読めなくなったのも言いわけの理由のひとつにしている。

だがしかし不思議なことになぜかパソコンやスマホの文字は読めるんだなコレが。
もちろんそのKimdole・・きんdぇ・・あーーめんどくさっ、Kでいいや、Kで。そのKならば文字の大きさもフォントも自在に変えられるし、とにかく便利だ。別に宣伝してるわけじゃないですよ。

僕は仕事がら、ずっと右脳しか使わない毎日を過ごしているからなんとなく左右のバランスも悪い気がするし、朝は必ず新聞を読むけれど新聞だけじゃ読書をしたとはとても言えないので、ちゃんと本でも読んで左脳を使いたいなんて思っていたときに、ふと、青空文庫を思い出した。

名作が無料で読める青空文庫。

ただ、昔のwindows95とかの頃の記憶しかないので、もう廃止になっちゃった可能性はある。
そこでググってみたらまだあるじゃないか。
早速ダウンロードしてPCで見てたら何だかめんどくさい。とてもめんどくさい。
文庫本を読むときの自由感が無い。

横になってダラダラとしながら読みたい。
ゴロゴロしながら読みたい。

そこで考えた。
今の時代、これに対応するスマホのアプリがないわけがない。
なぜならば、人間がラクをして過ごせるものを作れば必ず売れるからだ。そういったものが蔓延って今の世の中があり、これからの世界を作ってゆく。こうやって人間は堕落して進化か退化かしらんが変化してゆくのだ。どーでもいい。いやよくない。どっちやねん。

で、


あった。


スマホ(i phoneのアプリ)に青空文庫が。

これは素晴らしい。
太宰から三島、川端から夏目。すべて揃っている。

今まで時間が空いたら、くだらんまとめサイトとか情報サイトとかばかり見てたからなあ。

それはそれで大切かも知れないけれど、(大切なんかなあ?)でもさ、青空文庫読んでたら、純文学読んでる俺カッケーって鼻息荒い気分にも浸れるじゃないか。ぜんぜんカッコよくないけどさ。

突然絵の話をするが、
実は、俗世間に染まってくだらない情報を入れれば入れるほどインスピレーションが降りて来なくなる。せっかく絵を描ける能力が自分にはあるんだって少し気付いたのに、それも衰退して枯渇する。もちろん異論は認めるが。

長くなってしまった。

要するに、青空文庫で純文学とやらを読んでいるというただそれだけ。



□   □   □

20130420c.jpg

陶芸をする機会があった。
「これは何?」って聞かれたら答えはひとつ。

「 ナメック星のトイレです。」

周りに少し写っている優秀な作品たちがおそらく今回の集まりで求められていたモノだと思う。
前もって先生からお手本を教えてもらったから。

正直なところ、何にも考えずブッツケ本番で作り出したら自分の着地点が見つからずこのような得体の知れない物体を作ってしまったが、実は自分的には大満足している。

しかし、陶芸の先生に「これは何ですか?」って聞かれてナメック星のトイレだなんて答えられるわけもなく、「えっと、えっと、あのーそのー『オブジェです』」って言ったら「ふっ」って鼻で笑いやがって。
人生でリアルに鼻で笑われたのは初めてだ。

2か月後に焼いてもらったナメック星のトイレが我が家に送られてくる。着払いで。
送られてきたらまたここで紹介する。



20130420b.jpg

この木、パワースポットらしい。
ちゃんとi phoneでバッチリ撮ってきたのでUPする。

この写真を見てくれた人に何らかの幸運が訪れますように。いや、マジで。

今日もダラダラと長い日記になってしまった。
まとめようがない。
オチもない。

どうしよう。

あ、今日アップした新作のことでも。
タイトルはいつものとおり自分の口ぐせ。もしくは口には出せない時にこころで思っていること。

最近、いいなあって絵を見つけて、その人のHPとかを覗きに行ったらそのときにすぐ「あ、無理。このテンション」ってなった。

そしたら一気に絵が仕上がった。
ありがとう。感謝してます。

どこの誰だったかもう忘れてしまいましたが、
あなたのおかげで一枚作品が出来ました。

こういった感じで僕の絵は仕上がります。

それがイイか悪いかなんて知らん。


Goda world






Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。