ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Goda world アトリエ&ギャラリーをOPENします。2013.3.3。そもそも来てくれる人がいるのか? いなくて当たり前。来てもらえるような絵を描くだけ。 なんてシンプル。

20130303a.jpg

アトリエ&ギャラリーを開放します。

ゴーダくん片付いたのかい?と言われると「はい!片付きました!」と胸張って言えるほど片付いてるわけでは決して無いのですが、そもそもギャラリーとアトリエが一緒になっていまして、僕は『生(なま)の制作現場を見ていただければライブな感じが伝わるかも』って考えただけなのです。 って長いね、文章が。

要するに、アトリエは生々しいよ、と。
片付ける気は毛頭ないです、と。

いわゆる展示場や企画展などでキレイに展示するのもそれはそれで楽しいのですが、展示のスペースや作品の点数も限られますし、他の出展者に気をつかっ・・・・てないですね僕の場合、すみません。ま、遠慮もしなけr・・・全くしてないですね、すみません。今まで一緒に出展した人たちに怒られそうですね、やめときます。

でも興味があるかたには全部の作品を見ていただける場所を作りました。

とりあえずアトリエはこんな感じです。(上の写真)


20130303b.jpg

そしてギャラリーとして展示している場所がこんな感じです。一部分ですが。
奥に置いているのはウクレレです。プレゼントしで頂いたモノ。
この写真はまだ新築建ちたてホヤホヤの状態です。
現在は、ちゃんと展示しております。

ていうか、来る人いるんかいな?って感じですが。

遠くからでも京都に観光に来られるついでにちょうどいい立地条件です。
特に、嵐山、渡月橋、広隆寺、太秦映画村などに行くにはここを通らずには行けないくらい。

最寄りの駅から歩いて1分。最高。
駐車場は、軽自動車ならOKなんですが普通自動車ならば手前のS本さんのおウチに置かせて頂きましょうか。S本さんの了承は得ています。仲がいいんです。よかった。(´∀`)

土日祝ならばいつでもOKなんですが、平日だと僕はいません。夜ならいますが。
女房がいる時は、おいしいプロが作るコーヒーが出るそうです。

どこに展示しても言われるのは「Goda worldは作品だけでいい。本人はクソだから来なくていい。むしろいないほうが絶対にいい。」と言われます。

なんでだろう。ちゃんとしてるのにな。


ていうか、来る人いるんかいな?って感じですが。


いいんです。誰も来なくても。
来てもらえるようにイイ絵を描いていけばいいんだから。



20130303c.jpg
これは2Fと3Fの吹き抜けの部分。天窓。
こだわって作ってます。
この下でボーっとしてられます。何時間でも。

20130303d.jpg

建設会社の営業の人と住宅エコポイントの件で久しぶりに会った。

ちょうど去年の今頃に、この営業のかたと出会った。
その時は、まだ家を建てるなんてほとんど考えてなかった。

わずか一年でこんなギャラリーアトリエまである家を建てた。
ちなみに、ウチは決して金があるわけじゃないからね。何とかなるさ的な感じ。

本当に思うよ。人生なんて何が起こるかわからん。
結婚ですら、そうだ。
いろいろと迷うくらいならとにかくやってみよう。ってここまで来た。
絵だって昔からすると信じられないくらいいろんな人に見てもらえるようになった。

子供だって生まれた。もう7才だ。
計画なんかしてもその通りに進んだことは一度も無い。

あかん。語っているよ、僕は。


計画は大事なのかも知れないけれど、むしろその通りにいかなくても平気さ、いや、むしろワクワクして楽しいね、くらいの自由感を持って生きていこうと思う。

人生は瞬間瞬間だ。

本当に。
人生なんて広大な宇宙の時間に比べたら、針の一点にも満たないじゃないか。


絵を描く上で、もしくは活動する上で大切にしていることはたったひとつだけ。


「 媚びない 」






□  □  □

おまけ。

懐かしい写真を見つけたので。

20130303e.jpg

そらが産まれる前のアトリエ?の写真。
まだ、女の子を(というよりも人すら)描いていない頃。
鳥?のようなものばかり描いていた。
もちろん出展もしたことない頃。

しかも油絵。
アクリルなんて、存在すら知らない。
岩絵の具なんて全く知らない頃だ。

ピアノの上にある黄色い絵が最初に売れた絵。
ちなみにケント紙に油絵の具。

いや、

『売れた』ではなくて『売りつけた』が正解。

知り合いの女房の友達に買ってもらった。
今でも、覚えてる。

「ゴッホが生前に売れた絵が一枚なので、せめて僕も一枚売りたいから買って。」と。


こんな写真をみつけると

ジンセイなんて何が起こるかわからんさ。もちろんこれからも。


って思いました。なう。



★  ★  ★

アトリエ&ギャラリーに興味を持っていただいたらご連絡ください。


GODAWORLD










Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。