ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来るやろ  もう21世紀やで

IMG_5452.jpg

「 身辺整理 」
岩絵の具、アクリル、シャーペン


     ____
  __/   // \
/—イ   U  εθ>
 ̄ ̄丶_⊆二__ θ_>

まさかの「GIKKURI腰」やってしまた
おれ今、ASIMOみたいな歩き方やで
でも動画で調べたら、最近のASIMOは走るんかい

おいおい、おいちゃん知らんかった
そんなこと出来るんならもっと開発すすめてASIMOが代わりに働いてくれよ
みんなのためにさ

出来るやろ
もう21世紀やで

ロボットがやってくれへんかな全部
今のチキウの仕事なんてロボットでほとんど賄えるやん
もうモノはじゅうぶんあるんだからさ
無理矢理いらんもん作って売りつけるだけの経済システムに飽き飽きさ
ロボットさまにおまかせして人間さまは詩を読んだり歌を歌ったりしてお芸術にでも勤しんでいたらよろしおす

なんて言ったらいいんだろうなぁ
そのうち人間もチップを埋め込んでネットと繋がるんちゃうか

抵抗あるね
ここで世代格差が出るよたぶん
ジェネレーションギャップっていうのかな

若い人はバンバン身体にチップ埋め込んでネットと繋がる
情報もネットの情報がすべて頭に入ってることになる
たぶんキーボードとかも無くなるだろうな
角膜に脳を察知する機能を施せば、いちいち手で打たんでいいんかも

そして老人は、抵抗するだろうね
いまだにPCやスマホすら持ってない老人と同じく
身体に埋め込むなんて倫理に反する とか言ってさ

IPS細胞がすすめば、本当に不死に近い状態になるかも知れん
そうでなくてもとりあえず若い肉体を保つすべが見つかる可能性はある
いろんな病気や老化が無くなる未来

肉体の老化が死を招くのならば、肉体が若返れば死は来ないよね
そもそも、なんで人間だけがこんなに醜い姿に老化して死ぬんや?

他の動物で、老化によってこんなに見た目が変わる生物おらんで
何かがおかしいって、そう思わないかい?
変なプログラムが仕込まれているとしか思えへん

じゃあ、寿命とやらは自分で決められることになるかもしれん
だって肉体が死なないんだからね 突発な事故でもない限り

若さを保つ人もいれば、中年の身体で保つ人もいる
そりゃあ好き好きさ
中には自分の子供よりも見た目が若い人もいるだろうね
何百歳だけど見た目は子供、とか

じゃあ、死にたくなったときどうするか
だから「死」というものを自分で設定するんだよ
今は「自然の流れで」とかいろんな言い訳が出来るけれど、これからはすべての決定に言い訳は出来なくなる

すべて自分で決定するから
自分で決められるということは、極論だけれどそれは自死になる
自死って自殺ね
言葉はあれだが自殺だよ 尊厳死
死なないんだから死ぬには自分で決定するのさ

おおっと大変やで
今、自殺は地獄に落ちるとか、悪だとか、言いふらせてお金儲けしてる人たちよ
自殺したおれの友人たちをディスりやがってよ
残念だね 自殺が悪だなんてウソがバレちゃったよどうする
IPS細胞やその他の研究を妨害するのか? やめてくれよな


ちなみにチップを埋めるということは、ネットにすべて繋がるってこと
すべて言うたらすべてだよ

悪いことばっかり考えてる人
やらしいことばかりアタマを渦巻いてる人
人を騙すことばっかりに人生を費やしてる人
全部筒抜けやな ヒャッハー


そのとき俺はどうするやろう

わからんな
抵抗するかもね
そんなん人間ちゃうっ!とか言ってさ

だって今でもLINEすらやってないもんね

すまんが今のチキウ人に同調して繋がれないよ
でもそうなったらお金儲けとか経済とか意味が無くなったら何する?

古代ローマ人のように詩を詠んで歌を歌い芸術にでも励みますか




さて、ここでやっと本題だ

芸術って何?



おっと
すまんがもう眠い


寝る




ゴーダワールド
 




スポンサーサイト

金沢に行ってきたよー

20160321d.jpg

「 福音ぐらい自分で奏でます。」
岩絵の具、アクリル、シャーペン
 


■金沢に行ってきた
20160321b.jpg

金沢に旅行
この有名な美術館で、この有名なアートを

おもしろかったです
絵画が無くて残念だったけど
書はあったよ
Tumblrに載せた

映像作品も面白かった
立体作品もよかった
だけど、インスタレーション?だっけ?
これは、よくわからん
昔から言ってるけど、わからん

だいたいは横に長い説明があって、
説明を読んだら 「 はあ、なるほど、、」ってなるんだけれど

説明されないといけないものって苦手なんだよね
まあぼくがバカだからなんだけどさ

やっぱり「絵」を見たかったなあ
絵が無かったんだよなあ

21世紀って絵は必要ないんかな
 


20160321c.jpg

で、二日目は兼六園へ

正直、たかが庭に興味なんかないけれどホテルの目の前だし日本三大庭園っていう誰が付けたか分からない冠(かんむり)に目を背けることが出来なかったから行った

んがっ、

美しい
beautiful!

これもTumblrに載せた
興味があればTumblrを見れ



■ どっちかしか無い


最近絵を描いてないんだよね

だからなのか調子がイイ!
いや、良くは無いけど悪くない☆

悪くない!

これは嬉しい
やっぱり絵を描くのは良くないんだよきっと

絵なんか描いてちゃダメなんだよ

2016年いっぱいまではがんばって描くって宣言したんだけれど、正直大丈夫かな
だってさ、やっぱ健康が一番だよ

おれはやっぱり働いて家族を食べさせなきゃならんのですよ
絵なんかで食えないから

老人くさくてすまんが、健康第一やで

別に無理をしないでやればいいんだけれどさ
みんなそのように言ってくれるんだけどさ
出来ないんだよ 性格的に

まったくやらないか、無理してでもやる
このどっちかしか無い

惰性で描くくらいならやらないよ、やらないほうがいいよ
天才ならば惰性でもイイのが描けるんだろうけど
俺はまったく違うから


ただ

絵を描いてないと、正直何をしていいかわからんのよねん

スマホもくだらないし、
TVは見たくもないし
寝る、っていってもそんなに寝られないし


いやあ、
何て言ったらいいんですかね


はっきり言っちゃうと、



絵を描かないと

人生って暇ですね




絵を描かないと、人生って暇ですね





Goda world





もうこれから交わることの無い人間とは交わりたくても交わることが出来ない、そんな世界にシフトするような気がしてならない

20160305a.jpg
「 そろそろ弾いてもいいですか? 」
岩絵の具、アクリル、シャーペン



■ 白髪染めをやめることにした

いや、別にたいしたことは無いんだけれど髪を染めるのをやめた
めんどくさいしね
でもパーマはあててるから白髪でパーマになる
なんかひとつ皮がむけたよ
今までずっと例えてみるとカツラ被っていたような気持ちがどこかにあったから
「その帽子を脱げよ」って思いながら自分は帽子被ってるじゃんって思っていたところあるのさ

ぼくが本当に尊敬する人物ってみんな髪を染めてない人が多いんだ
だからずっと気になっていたし、一応46才になったら白髪にするって決めていた
なぜ46か? 46だよ、語呂が。 言わせるなよ恥ずかしい
ちなみにまだ44だけれど、一足早く決行したよ

きっかけは友人だ
正月にしか連絡しないけれど、そいつの今年のメールには娘さんとそいつの写真があった
「おれ染めるのやめたでーよろしく」みたいな

その自然な素っ裸のそいつの写真(別に裸じゃないよ、精神的にね)に衝撃を受けた
正直めっちゃカッコいいと思った
学生の頃からそうだったけれど、ぼくはそいつにすごく影響を受けた
世間で言われているカッコよさとは真逆だ
カッコつけない、カッコウ良さ

ぼくは流行には流されないけれど、人の目を気にするタイプだから昔からその自然な格好よさを出している友人に一気にひき込まれた
まあ、人間的にはどうしようもない人間だったかも知れないがそれはお互い様だ
いや本当にどうしようもない人間だったね

その友人は僕に凄い影響を受けたと言ってくれてるが、いやいや、実はこちらのほうがお前に影響を受けてるんだよね
ぼくはそいつの自然体でブレない強さを
そいつはぼくの常に何かを創造する意欲を


tumblr_o3f780dbB91spzlqyo1_1280.jpg


■ 免許更新に行ってきた

車の免許の更新を忘れていて、無理やりスケジュールを組んで行ってきた
こういう場所にいくと普段の生活なら絶対に出会わない人たちが集まるから面白い

こういう機会ってもう無くなると思う

似たようなところでいうと祇園祭なんかがそうかな
ぼくはあんな煩いだけの人混みの集まりには行かないけれど、ああいうところへ行くと普段出会う事のない人種が全国から集まるから端から見てるぶんには面白いかも

京都の五山送り火は好きだね
はしゃぎたいだけの変な輩はいないし
何よりも本当の風情があるから


もうこれから交わることの無い人間とは交わりたくても交わることが出来ない、そんな世界にシフトするような気がしてならない

多様化されたセカイは、混乱や悲劇、喜劇を生み出してきたが、これからはもうそういう世界を経験したくても出来ないような自分でも何を言っているのかわからないけれど、そんな世界へ突入している気がする

ま、いいんじゃないかな
5年後? 平成33年?

その時に僕が何をしていて、どんな人と関わっているかなんて5年前の自分と今の自分を考えると全く想像できないね

ただ、
絵を描いてさえいれば、少なくとも今かかわりあえているような人々と出会い、そして関わっていけるような、そんな気はするね

それが力強いカタチで作用してその輪が広がっていければ、それ以上に素敵なことは自分にとって無いんじゃないかな
そんな風に思うんだけれどさ

ただし

絵を
描いていれば、ね
 
 
Goda world












Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。