ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だからさ、ツンデレとかじゃねえんだよ。本当にアンチ派なんだって。前回の来日レポにもここに書いただろ?たぶん。忘れた。知らんけど。

20150426b.jpg

別に。

たまたまこの前を通っただけさ。
へえ。 こんなのやってたんだ。


全然知らんかった。



20150426a.jpg

ん?

ちょっと入ってみた。
しかもアリーナ。


20150426c.jpg

え? え?

何? これ。 誰?このひと。

20150426e.jpg

はうっ


20150426d.jpg

ぬはっ

ふぅ



□    □    □

ちょうど昨日、友達から当日の音源を一曲ずつ送ってもらった。

この友達は20年以上の友達で、この人ひとりで50人分ぐらいの友達だ。
いや、かけがえのない友だ。 出会えてよかった。

そして、僕が外に向けて言う場合の「おれの友達はひとりだけ」って言う場合こいつを指す。

お互いもう結婚しているが、老後はインドのゴアで過ごしてガンジス川に骨を埋めてもらおうぜという約束をしている。
そして、この約束は実行される。と思う。知らん。

どうでもいい。



その音源から、ライブが始まる前の二人の会話を。


僕 「はぁ。 だんるー、40分押してるで。
   帰り電車あらへん。」

友 「みんな帰宅難民とか。洒落にならへん。」

僕 「おれ明日も休み取っててよかったわ」

友 「そうやねえ。」

僕 「まわり騒いどるけどまだやん。照明も落ちてないし」



照明落ちてはじまる頃



友 「7:10分開始かぁ」

僕 「まあいいんじゃないの?」

友 「ああ始まるっ、うわ、めっちゃ近いっ!近い近い」

僕 「うわ、近いで」

友 「来るか?」

僕 「早よ来い!」

友 「はよ来い!」

僕 「何してんねん!早よ出て来いや!おっさん!!」

友 「はよ来いや!こら!おっさん!!」

友、僕 「うおおおおおおおおおおお!!!
      ぽーーーーーーーーーー!!!!る!!!
      ぽーーーーーーーーーーーーるーーー!!!!
     うわああ前のカメラで見えへん!!!
     カメラどけてくれーーー!!!」


友 「おっさん!!おっさーん!!元気かああ!おっさん!」

僕 「うわっういsdcjhcヵ8cstc!!ちかい!!ちかい!!」

友 「ぽーーーーーーーー!!!!!る!!」


ドラムがハイハットでカウントしだす


僕 「!!!あえr?? 早い!!これ何 (の曲)?!」

友 「早い!!」


Magical mystery tourが始まる


友、僕 「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!」




Goda world










スポンサーサイト

殻に閉じこもっている人間が外に向かってこんな思いしながら発信したりしない。

20150419a.jpg
「 もう、なるようになあれ。」
岩絵の具、アクリル、シャーペン


フォントが「メイリオ」に勝手になってる。
なんで?
きもち悪いなあ。
おれメイリオ苦手なんだよな。
自分の絵とも相性悪い。
chromeやめよかな。
ブラウザ変えようか。

あ、そうだ。オペラ入れてたよな。
見てみよう。

うわ、無いわあ。


というわけで、fire foxでこれ書いてる。
それにしても遅いなあ、このブラウザ。




20150419d.jpg

散歩中の写真。

今日は大通りだ。
大通りも意外と気持ちいいよ。

ちなみに散歩中に何か絵のインスピレーションが来るなんてことは全く無い。
そんなものに寄りすがってはいないです。
絵のインスピレーションなんて絵を描いている時しか来ない。

だからアトリエに行かないと何も生まれない。
そして画面(下地など)の前で集中していないと何も見えない。
だらだら描いてたら何か出来ました。はい、それ作品ね。とかできたらラクだろうなあ。

でも、最近はトランス状態に入るスイッチが早くなったから嬉しい。
音楽をかけているけれど集中しだしたらどうせ聞いてないから、最近は無音の中で制作してる。

もう、めんどくさいとか言ってられない。

でも、生来重度の面倒くさがり屋だから散歩をすることでスイッチを切り替える術を身につけた。

それだけ。

それだけ、だけど凄い発見。




20150419c.jpg

せっかくphotoshop elementsを持っているからアトリエの風景を加工してみた。
で? って言われると、「別に。」ってなっちゃうけれど。



20150419b.jpg

大きい作品もちょっとずつ進めてる。
これは、目の部分。

このダラダラ状態だとまだ半年はかかる。
ま、ある時期にスイッチ入れてガガガーって一気に仕上げるけれど。

わからんよね。
先のことなんて。知らんよ。
もう、なるようになれ。

今を集中して生きることに「永遠」を見出したから。
知ってた?
「今」って「永遠」なんだよ?

もう、恐れることなんか無い、そんな時間ももったいない。
今にさえ集中してたらいいんだ。
まわりの雑音が煩わしいことが多いけれど、自分の内側に入って「今」を感じながら生きる。
実際、今しか存在してないから。

それを他人は「殻に閉じこもっている」という。
それは違うね。
殻に閉じこもっている人間が外に向かってこんな思いしながら発信したりしない。
僕は画家だから。メッセージを伝えるために生まれて来た。メッセンジャーだ。
メッセンジャーは外野の意見に変に左右されないように慎重にならなければ精神が崩壊する。
ヘタすると病院に送りこまれるだろう。そういう人は今も昔もたくさんいる。

今に集中すると本物の宇宙を体験する。
そこに本当の真の平安が広がっている。
平安っていうのは、優しさであったり落ち着きであったり、安心であったり、まあ愛だね。
愛があれば不安はない。
愛の反対語は不安。
ちなみに、今現在の地球は不安によって構成されている世界。


こんな大事なことを忘れてしまったときは
夜中の星空を眺めることにしている。
そうすれば、いろいろと思い出させてくれるんです。


Goda world


自ら望んでそんなシステムさえ創りだしたというのにに死をおs、、って何言ってるんですか僕は

20150411d.jpg

「 スジャータ 」
アクリル、シャーペン



20150411c.jpg





622x378x538bd9d510d653d0e0b1b6ab.jpg




20150411b.jpg


なにこれ


20150411a.jpg

ただの独り言のように書いていたこんなくっだらないブログも、塵も積もれば山となるんですね。


あ、上の写真は夜中の散歩中ね。
そんで娘の工作はおみくじ。


だから書けないんだよう。下品なこととか。意外とこのブログ見てる人いるらしいから。
下品なことしか普段言わないのに。
自分に近い人は俺のこと真性のクズって知ってるよ。
僕はクズに憧れてるしね。


では、はじめますか。

ただ、絵を描いてる時だけはヒトと呼ばれている生命体の集合意識にアクセスして、様々なバランスを取りながらその集合意識の潜在部分の深層まで侵入してるから別の人格を勘違いされる可能性も否めない。
それは、しかし何もこの個別化された個人の意識では無く、何も特別ではない当たり前の事であって誰にでもアクセス出来る場所が存在しているし、忘れているだけで誰もが毎日アクセスしているサンクチュアリがある。そこを聖域と呼ぶならば。
ヒトと呼ばれているこの生命体は本来、管理生物で無ければならない、他の生物の見本とならねばならない存在であるが現在はそれを全く放棄してしまっていて、管路能力がゼロに等しいと判断されている。
この星で生きる生物はすべからく睡眠をとる。とらねばならない。その様に創られているし当の本人たちもそれを望んだのである。幻想を生きるにはあまりにも過酷であるが故に睡眠と呼ばれる方法で本来の集合意識にアクセスするようになっている。その決定打として死という幻想さえも創りだした。自ら望んでそんなシステムさえ創りだしたというのに死を恐れるなんて滑稽極まりない。挙句の果てに、都合よくそれさえも神々や唯一神や超越意識のせいだとか自然がそれを望んでいるだとかこの世はこのように創られているだとかとにかく「他」のせいにして逃れようとしている。管理能力などもはやあるはずもない。
時間という虚構を作り出すアイデアまでは容認するが管理能力が無に等しいので自ら自分の首を絞める状態に陥っており全く本来求めたであろう機能が働いていない。有限という幻想を創出しておきながらその中で戯れる事にさえも恐れを抱き慌て慄き喚くとは一体何の喜劇を演じているのか。
可視化される有限の中に見出すm


あーしんど。
また今度にするわ。

寝る。


Goda world




関係ないんです。

20150404a.jpg

「妄想はタダなんだぜ」
岩絵の具、アクリル、シャーペン



老眼鏡をまた買いました。
何個買えば済むのか。
現在、5個ある。

ひとつはアトリエに。
ひとつは会社に。
ひとつはお出掛け用のカバンに。
ひとつはこのPCやスマホ用に。
ひとつはさっき踏んでぶっ潰した。


目の良さ(2.0)だけが取り柄だったので、世界が見えないことがこんなにつらい事だなんて全く思わなかったです。
想像すらしたこと無い。まさに狼狽してます。

スマホは見えない。PCも見づらい。
新聞も読めない。もちろん本も。

なによりも、
自分が描いた絵。
これを老眼鏡をかけて見ると、「荒っ!」ってなるのがつらい。
裸眼のボヤけた感じで見るのがちょうどいい。

目をね、細ーくして、ぼんやりと見るとソフトレンズを使ったみたいでちょうどいいんだけれど。


20150404c.jpg

こんなものが景品で当たって我が家にやってきた。
これはちょうどコーヒーのラテを作っているところ。
ボタンを一回押しただけ。

20150404b.jpg

お、おう。

なんかビミョーなのが出来た。
とりあえず飲む。


まあ、ね。
おかしいな?「ラテ」ってエスプレッソの豆を使うって聞いたよーな気がするんだが。

ただのゴールドブレンドだぜ?

説明書見る。
「エスプレッソ風のコーヒー」らしい。

でもね。簡単だし、まあまあ美味しいよ。


ちなみに、
先週UPしたのは女房が煎れてくれたカフェオレ。
ラテじゃなくオレね。しかもプロの。

↓これ。
20150329c.jpg

ま、
美味しいコーヒーを飲めるのは
自分にとって精神的にとってもいいこと。

医者ガーとかカフェインガーとか関係ない。



関係ないんです。



Goda world






Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。