ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 こびりついたモノを削ぎ落とす 】

20140223a.jpg

「 ふざけんな。」
岩絵の具、アクリル、シャーペン、色鉛筆etc


■ ただの不協和音 

最近普通にタバコを吸ってる夢を見る。
何で?
タバコはもう10年以上前にやめてから一切吸っていないのに。
その夢の中の僕はとても横柄で、友人にすごく怒っている。タバコ吸いながら。

夢でタバコを吸っている自分は、当時タバコを吸っていた頃の精神状態の自分になっている。
いいかげんでだらしなくて自分勝手ですぐにキレて怒りっぽい。
そのくせとても臆病で華麗なるチキン野郎で何かに怯えながら生きてる。

今もそんなに変わったとは言えないけれど、いい意味で開き直っている分だけ怯えてはいない。
むしろどうなったっていいっていう諦めとそこにある微かな希望とが微妙にもつれ合いながら交差して不思議な旋律を奏でている。ん? ただの不協和音?

□    □    □

そこで、音楽に関していうならば僕は「不協和音」と呼ばれている音に凄くそそられる。
ちょっと難しい言い方をすると、この世に「不協和音」なんて音の組み合わせは存在しない。
それは物凄く近視眼的で、狭い了見の持ち主の戯れ言です。
そういう人にもし出会ったら、はっきり言ってやればよい。

「 不協和音?お前ん中ではな。」

もちろん僕は不協和音が好きだと言ってるんじゃない。
不協和音も好きだ。と言ってるだけ。

受動的ではなく能動的なリズムを人生の中で刻みだしたら必ずそれがわかる。
不協和音と呼ばれる音の組み合わせの気持ちよさ。そこから広がる無限の自由。
無限の自由。

完璧に書かれたシナリオの通りに完璧に演奏するのは凄いプレッシャーもあるだろうし大変だ。
たった一音を間違ったらダメなんて。そんな世界に興味はない。
僕はそういった感動はあまり求めていない。
シナリオは自分で「今」作るんだ。瞬間瞬間に。
その日のその時代の空気感。匂い。天気。風。音。心。を捉えるんだ。

語るよ。僕。


音楽畑でよかったと思う。別に音楽学校を出たわけじゃないけれど、ずっと音楽でやってきた。
美術にすごく興味があったのに音楽でやってきた。ずっと。
僕はずっと音楽では変な才能があると思っていた。

30才になった時にタバコをやめると同時に音楽をやめた。
そしてずっと気にかかっていた絵画の道へと自然にすすんだ。

芸大出身の女房は言う。
「 美術の学校に行かなかったからこそ今があるんじゃないかな 」

知り合いの人も同じことを言ってた。
確かに僕にとっては表現する媒体が変わっただけで、やってることはそんなに変わらない。
いや、まだ音楽の方が堂々と不協和音を奏でていた。しかし若さゆえに「わざと」不協和音を奏でたりしていた。

美術はなんだか美術を習った人だけにわかるような変な暗黙の世界がたしかにある。
僕はそれがものすごく気持ち悪い。
いろんな場所で出展したけれどいつも僕はひとりぼっちだ。
サブカルくさい場所は反吐が出そうだし、王道?というべき展覧会は退屈極まりない。
現代美術と呼ばれる世界は一番最先端を走ってると思ってたけれど実物を見ると「え?こんなもんなの?」ってがっかりしたし、自分がその中に入るのだろうかと思うと死にたくなる。
まあ、入らないと思うし、むしろ入れてやらないぜ、このド素人が!って言われた方が嬉しい。
やっぱり自分の尊敬する絵は児童画だから。

自分が蓄積してきたモノを糧として作品を作る人がいる。
それを芸術だと呼ぶ人もいる。
そうなんだろうたぶん。

僕は自分が蓄積してきたモノ、こびりついたモノを削ぎ落とす作業をしている。
今の自分はこの地球という未開の星で生きていくための処世術として作りあげた作りモノでしかなく、大きな深い視点で見ると、やはり生まれてから物心がついたころの自分が一番であり、本当の自分であり純真で美しいと思っている。
だから、こびりついたモノを削ぎ落とせばその本当の自分が顔を出す。

その頃の意識にアクセスして制作すればきっとイイものが生まれる。
アトリエではその意識にアクセス出来るような環境づくりを一番大切にしている。

この腐りきった現代の地球で生きながらそれをやるのだ。現実を直視しながら。そのヘドロの中で泳ぎながらヘドロに飲み込まれないように。

時間を超えるんだ。時空を超越。
中二病爆発。それで結構。

でも、自分なら出来ると信じてる。


Goda world







スポンサーサイト

【テキトー】 螺髪ばんざい

■ダリ展を見に行った。

20140215a.jpg

まさかダリの本物の絵を見ることが出来るなんて。
ありがとう滋賀県。そして福島のコレクターさん←たぶん。(テキトー)
すごい数のしかも結構有名どころの絵が来てた。
もっと、宣伝しなきゃもったいないんじゃないか?なんて思ったけれど、ほとんどダリ展みたいなものなのにパンフレットやチケット、広告の絵はまさかのルノアール。

何でルノアール?

いや、たしかにルノアールも一枚だけあったよ。一枚だけ。
別にルノアールがイカンなんて言わんけれど、何でルノアールがメインなの?
どう考えてもダリ展でしょ。

わかるよ。ダリじゃ老人が来ないんだよね。ロージンが。
ルノアールとかマネモネミネムネとか載せてたら人が来るんだよね。知ってる。

何か「イヤ」な気分になったわ。入る前から。

まあ、いい。何にせよダリを見ることが出来た。

感想か。
感想だな。

とにかく繊細な絵だ。
そして思っていたよりも絵が小さかったこと。
ダリは、あの風貌が印象的だけれど、物凄く繊細な人だってわかった。
そしてダリの絵は、影がものすごく重要だということ。

見ることが出来て本当によかった。
心底そう思う。

□   □   □

20140215e.jpg

これを購入。
2個入りだったから1個は娘にあげた。



20140215d.jpg

人生初のパーマをあてた。
おばさんみたいになった。
奇しくも、釈迦の命日に螺髪まがいの髪形。
さっき聞かされてちょっとびっくり。
どうした?  どうもしない。


何のために絵を描いているのか。
何かを見失っていないだろうか。
誰かに、何かに、媚びていないか。
キレイごとで上手くまとめようとしていないか。
反吐が出そうだ。吐き気がするぜ。

画家ごっこ。
自分が盲目なのかも知れないが見渡せば画家ごっこばかり。
いやだ。そちらには行きたくない。
イヤだイヤだイヤだ!!

ダリの絵は何かとても大事なことを教えてくれた。


Godaworld




【ずうぅっとギターをぼろぼろと弾きながらテキトーに本当にテキトーに生きていけたらなあって今でも思うんだ僕。】

20140209.jpg

「 ジムノペディを弾きます。」
岩絵の具、アクリル、シャーペン


昨日の雪がウソのように今日は晴天に恵まれているが、あいかわらず体調は良くないので立派なため息を連発している。
よくわからんけどこんなに気圧が変わったら健常者でもしんどいんじゃないの?知らんけど。
さっき起きてきてなんかダラダラしてたらもじゅ 間違えた もう13時35分だ。


朝までアトリエで絵を描いていて、疲れて休憩中にギターで加藤登紀子の難破船と来生たかおのセカンドラブのコード(どっちも中森明菜が歌)がいまいち分からんところがあったから今ググって調べてみた。おお、やっぱりdimコードだったか。ただ、加藤登紀子のほうは分数コードだったのは分からなかった。

D△7→Cdim→B7って神や。
これ小学生の頃聞いても不思議なメロディーだなあって思っていたけれど、最近来生たかおさんの生歌ピアノをYOU TUBEで見てこの部分オシャレなコードだなって思ってたんだよ。(その一言が言えない~の歌詞のところ「セカンドラブ」)

この頃の作曲家ってハーフdimコード(例 C#m7-5)とか多用するし、どうせそのへんだろ?って思ってたらガチのdimなんだね。ジョージハリスンも真っ青。ってジョージのほうが先だけど。

加藤登紀子のほうは何だこれ? B7-9onE♭
これはもはやコードと違うぞ。
こんなのギターで押さえられへんからdimでごまかす。



□    □    □


20140209a.jpg

話は戻って、アトリエの話。

とりあえず壁に貼った。
俺、本当に余力0ゼロだから。
何にも無いから。
女房は「それでいい。むしろそうでないとイイモノは作れない」って言ってくれるけれど、しんどいよ。

毎回よく仕上がるなあって思うよ。
無い物を絞り出すんだから。
インスピレーションをつかまえるんだ。

コツはある。

とにかくいつでも真っ白、空っぽにすること。
詰め込んでたらダメ。インプットの回線が塞がれてしまうから。

すべてアウトプットで出して空っぽにする。
すると入ってくるのは無限だ。

コップが満杯じゃ新しい水を入れることは出来ない。
コップを常にからっぽにすること。

そして必ず入ってくると信じるんだ。
もう入って来ないんじゃないか?って疑ったら、そこで「The end」だ。the endとは、死。
わかりやすい言葉を使うと、「神」を信じるんだよ。

ただ、

これは、僕のような精神の弱い人間には勇気のいることなんだよ。
本気で画家をやっている人は、気がふれていると思う。最初から気がふれているならラクだけれど、俺ふつうの人だから。まともだし。
だからクスリで何とか抑えている。

僕は毎日のように神を罵っている。蔑んでいる。
西洋の人間からすると地獄行きなんだろうね。どーでもええわ。

それでもちゃんとインスピレーションは来る。

ちゃんと送ってくれてるんだ。いつでもどこでも。
それを受け取るかどうかは本人次第だ。
こんなに罵っているのに。

もちろん、ちゃんと受け取らないといけない。
大体の人は送られていることにすら気づいてないんだ。

そして、受け取ったらそれはアウトプットで表現しなければダメだ。
たとえそれが、反感を買うような内容であったとしても、だ。


   |     
   |   (‘A`)    マンドクセ
  / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄


俺、すぐ↑こうなるからなぁ。


Goda world



PS
東京都美術館のミュージアムショップで展示販売中。
実物を見てほしいです。画像じゃ何も伝わらない。

ネットを捨てよ、町へ出よう。





【もう2月ですか。ライフワークの大きい絵はまったく描いていない。どうすんのこれ?うん、どうもしない。そのうちやるでしょう。】

20140131.jpg

「 この鉄棒からの景色ええわぁ 」
岩絵の具、アクリル、シャーペン、etc


■非常に効率の悪い、けど魅了される絵画というもの

それにしても、今、絵を並行して描こうと思って並べてるんだけれど結局一枚一枚しか描けない。
頑張っても一枚半くらいしか並行で描けない。

生産性わっるぅ。
絵画って生産性や効率とか悪いよ。
これ以上悪いものあるんかな
まあ、絵に効率とか求めたら絵が死ぬけど。

音楽ならコピーできるから大量に作れる。
絵画ってたった一枚なんだよ!?

たったの一枚。

それしか存在しない。

その存在感は半端ない。
ゴッホの有名な自画像の本物を見た時ビビった。
この目の前にあるこのキャンバスにゴッホ本人が描いたんだ・・って。

モディリアーにもそうだった。ピカソもそうだった。
ムンクはリトグラフだってあとから知った。

敬愛するムンクがリトグラフなのかぁ。
じゃ、俺も!!

ってはならない。


刷るとか版画とかやり方がわからん。誰か教えてくれまいか。
でも、自分の絵はこの質感がないと作れないので無理。普通のキャンバスですらダメなんだ。

あとは・・印刷かあ。

印刷は「絵」じゃねえし。あれは画像だ。ただの。
だからポストカードとか二度と作らないって決めたん。
知ってるよ。売れるよね、ポストカード。
印刷するだけ、PPに入れたら商品になる。らくちんさ。
もう過去の絵だし、創造性なんていらんし。

でもやらない。
アタマ固いねっていわれたら、はい、そうですと。

あかん、こんなこと書いたらポストカード作っている人全員をdisることになってしまうんかな。
なんで俺が他人様のことをどうのこうの言うの?
言うわけないやん。知らんがな。
俺は作らん。ただそれだけ。

金儲けは何も悪い事じゃない。そもそもポストカードなんかで儲からないし。っていうか絵で儲からないし。
よく観察すると面白いよ。
金儲けを悪いって言ってる人は、実は何よりもお金が一番大事って考えの人だから。それに金の使い方、怖さをちゃんと知らない。
自分は服を着て安全な場所にいて、「王様は裸だ!」って言ってるだけ。
ん? 俺だそれ。
でも、遺産相続とか、ボンボンは死ねよって思うよ。七光りとか。2世とか。

何の話や。
矛盾してる気がする。が、構わず続ける。

□    □    □

20140202.jpg

インフルエンザで寝てた人がこのとおり。
心配させやがって。


地球が爆発するんじゃないか?
しない。

世の中は悪い方向へ向かっていて、世界の終わりが来るんじゃないか?
来ない。

宇宙人やUFOが来て、地球を救ってくれるんじゃないか?
ない。

バルスを毎日1000回唱えてても何も起こらない。
人がゴミのようだぁ!って他人を嘲笑ってても僕らの生活は一歩もすすまない。
ぼくらはこの地球であーだこーだ言いながらも生きていかなければならない。
生きていかなければならない。

地球はくるくる回る。
日本が太陽の方向を向いたら朝だ。おはよう。
太陽に背を向けたら夜だ。おやすみ。
それだけ。
たったそれだけ。
勝手にくるくる回ってるだけ。
一回まわると一日って誰かが勝手に決めた。
本当は昨日も明日もない。
くるくるまわってるだけ。


言葉は悪いが、死にたい奴は死ね。
ぼくは生きていく。

絵を描いてると、僕は生きていくんだ。って強く思う。
この未開の星で生きるんだって。

社畜生活に入ると早く死にたいと思う。

なんで?

なんでなん?


今日、たまたま無名の画家の人のブログを読んでてそんなこと考えたっす。(画家なんてみんな無名だけど)
僕が気に入る絵を描く人たちってみんなめっちゃ不器用。とにかく不器用。
絵も売れてなさそうだし。売ってもなさそう。
応援メールとかしたいけれど恥ずかしいし、またはメアドが書いてなかったり。
いい絵を描いてるのに。いい絵描いてるのに。
俺みたいに読んでる人きっといるよ。俺は、こうやって楽しいフリしながら楽しんでるけれど、あなたたちの気持ち痛いほどわかるよ。

でもおれ連絡しない。絶対しない。
シャイボーイだから。


Goda world








Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。