ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夜中に町の灯りがポツンポツンと点いていて、町がまだ稼動していてそこをひとりで散歩している時、ものすごくわくわくするっす。

20130824a.jpg

「 ごめん、興味ないわ。」  岩絵の具、アクリル、シャーペン


あかん。

HPがカオスになっとる。
どーすればいいのか? 

継ぎ足し継ぎ足しでここまできたから。
直すのめんどくさい。

いやーめんどくさい。

パソコンとか別に嫌いだとかは言わないけれど。すごく便利だし。
ただ、めんどくさい。


20130818e.jpg

腹が減った。
今、地蔵盆で娘がとってきた子供用おやつのベビースターを食べながら、福引きのくじで当たったらしいルービックキューブを6面そろえてやった。
めっちゃ尊敬された。
ググって揃え方見ながらやっただけなのに。

その揃え方を説明してるサイト、今日の午前中だけで200人の来訪者がいた。
俺と同じようなお父さんが全国にたくさんいるのがわかる。

平和やな。


家でじっとしてたら、クーラーが「人がおらんな。じゃ止めるわ」って勝手に止まる。
家族全員でクーラーの前で手を振る。おーい!おるぞー!って。

ごそごそとクーラーが動き出す。

何してんだか。


何なん?この世界。



■    ■    ■

20130824b.jpg

夜中の散歩風景。

これ日課になった。絵を描く時に飲むレッドブルなどのエネルギー飲料を買いに行くついでにこうやって散歩している。
人通りの少ない場所ではデューク更家の歩きかたで歩いている。
この運動で夜中の制作が捗るならばいくらでもやる。
イイ絵が描けるのならば何だってする。

このあとたった一人で自分の中(内側)に入っていって集中するんだから、体を動かしてなきゃいけないことに最近気づいた。

そういや、ライブパフォーマンス?とかする人ってあの状態でよく絵が描けるもんだね。
絵を描く時って、たった一人で何者かとつながってないと俺には描けない。

あれ(ライブペインティングだっけ?)は、制作過程を人に見てもらうっていう芸術なんだろうか。
たまに、『これは見てくれてる観客とみんなで作り上げる作品だ』とか言う人もいるけど。
ちょっと俺には興味ないね。disるつもりは全くないけれど。
ここでタイミングよく冒頭の絵のタイトルだ。

「ごめん、興味ないわ。」


本気で祈る時って、「ひとり」でないとウソだ。
だって、観客がいる前で作曲したってロクな曲ができないぜ。
みんなで一緒に祈りましょう、なんて世界は自分には無い。
「祈り」とは極めて個人的なモノだから。

自分は、観客がいる前ではただのパフォーマンスしか出来ないな。 言わば、そういう「プレイ」だ。
トークとかも同じだけど。 同じです。

本気モードの絵を描いている時の僕の姿を誰も見たことは無い。家族も。これからも見せるつもりは無い。


無いね。



Goda world


スポンサーサイト

ぼくの42才の夏休みは歴史ある古の都、「京都」であっけなく終わった。

20130818a.jpg

「この世のひみつ、見せるのやめた。」

岩絵の具、アクリル、シャーペン、色鉛筆 


★今年のお盆は帰省しなかった。
約10年ぶりに京都でお盆を過ごした。

いつもは、毎年バタバタしていて渋滞の中をほぼ12時間かけて休憩しながら帰って、またバタバタと京都に戻ってくる。
これは、イベントとしては小旅行もかねているからそれはそれで別にいいんだけれど、如何せんしんどい。

今年のお盆は、直前の体調の悪化によって帰省を見送った。来月に延期することにした。

そのお蔭かどうか知らんが、おお、ゆっくりできた。絵もいくつか仕上がった。
1m以上の大きい絵も進んだ。大文字も見た。自転車で家族3人で見に行った。他には、散髪もした。ついでに懐かしい二条も散策した。毎日の夜中の散歩も距離を長くした。それにたくさん睡眠を取った。いつもどおり夜中に制作しても毎朝気持ちよく早起きして絵を描いた。簡単にいうと、すごくゆっくりと過ごせた。

京都のお盆ってイイじゃないか。


毎年、夏はドタバタして忙しく過ごしてるイメージだけれど今年は風流というか風情がイイというか。


僕は古い考えの人間かもしれないけれど、やはりお盆には先祖の墓にお参りに行かないと気が済まない、行きたい!と思っているので多少無理しても田舎のゴーダ家の墓にお参りしないと気がすまなかった。

人間の役割とか使命のひとつは遺伝子の伝達であることに異論は無い。
僕が今この状況にいられるのも先祖の存在があってこそだ。だからといってそれだけの理由で無理をしてまで田舎に帰っているのではない。

ぶっちゃけて言うと、僕はとっくの昔に死んでいたようなくだらない人間だ。
よくここまで生きていたな、と正直思う。まあ死ぬ勇気もなかったんだけれど。
自殺が増加してるとか災害はともかくとしてとても他人事とはまったく思えない。
僕と彼らの中に差はまったく無い。

それでもなんらかの事情が重なって、こうやって生き恥さらしてある意味開き直って堂々と生きていられるのも間違いなく先祖の御蔭だ。

おっと、語っているキモいモードになっているけれど大丈夫かな。
まあ、いい。

とにかく何らかに感謝して当然の立場だ。それがわからないほどバカでは無い。
ご先祖様だか神様だかは知らんけど、盆と正月くらいは帰省してちゃんと墓参りしよう、というただそれだけだ。

で、

今回たまたま帰省する前に体調が悪化して急遽とりやめにしただけだ。今はどうもない。むしろ元気だ。

田舎で泳ぐために海パンを買っていたけれどまた来年があるさ。


20130818d.jpg

前回の日記の元の写真。真ん中の「大」の部分を使っただけ。
こんな風に道路の真ん中で無法地帯になってみんな観賞したり撮影したりしてます。
信号が青なのに。ちなみに歩行者天国にはなってない。車ちゃんと走ってます。

それでも凄いわ。歴史を感じる。


□    □    □

20130818b_2013081816202387a.jpg

ちょっとこの暑さ何なん。

近所のジャスコからの景色だけれど、
ちょっとこの暑さ何なん。

絵を描く布を買いに行ったのに、暑すぎて選んでる途中で買うのもどうでもよくなってやめたよ。


※ここからは不適切な発言の連発のため削除しました。



あースッキリした。おやすみ。



Goda world


【五山送り火】

20130816c.jpg

久しぶりの五山送り火。
10年ぶり?いや、、もっと昔かも。(理由があって今年は田舎に帰ってない)

HPのインド旅行記のあとがきに「2002年8月16日五山送り火より」って最後に書いてる。
おそらくそれ以来だと思う。っていうか、あれ11年前かよ!

京都が持つ不思議なパワーを感じる。霊的、、というか何というか。

それが作品にあらわれてくれたらなあ。



20130816b_201308162135262c8.jpg


Goda world

病院探しの話 と White albumリマスターの解説 と 娘の夏休みの工作 と アトリエ etc。 ごちゃまぜ。まとまりは無い。それでいい。それがいい。

20130810c.jpg

新しい病院を探している。

とりあえずまず一つ目の病院に行ってみた。
さすがに前の先生のことは知っていたようだ。まあ、知らなければモグリの医者だけれど。

今日診てもらった先生は、何か上から目線の物言いがいちいち鼻についた。
同じぐらいの年齢かな? どこか信用できないタイプだけどそんなことはどーでもいい。

そもそも人間を簡単に信用してはいけない。

結局、前の先生と同じような薬を処方してもらった。
安定剤の種類を無難なものに変えられた。回数も減らされた。大丈夫なのか?
どーせだからついでにジェネリックに変えられるものはジェネリックにしてみた。
前の先生がジェネリックは反対派だったから。俺がもし医者だったとしてもジェネリックは反対するね。
でもちょっと環境を変化させたいからジェネリックにしてみた。
正直、情けないが藁にでもすがりたい状態である。

まあ、これで一か月様子見るか。と思う。



□   □   □

20130810g.jpg

やっと買った。
最低のどーしようもないクズ人間の集まりの最高のバンドの最高のアルバム「ホワイトアルバム」のリマスター。

あ、ここからはしばらく誰にも配慮せずに書くから興味ない場合は無視してください。

ジャケからして美しい。
左上のロゴはいらん。余計なことしやがって。
何が楽しみってあのテキトーミックスダウンをどの程度まで悪い意味で「今風」に仕上げたのか。
音圧は上げられたのか?へルタースケルターのあとのロング×3は大きくなってるのか。など。

まずさっと聞いた感じはエラいさらっと聞けた。拍子抜けした。
音はイイ。ベースも前に出ている。
何だろう。あの独特の乱雑さと危険なグロさが無い。レボ9ですらあっさり。

友人はホワイトアルバムはリマスター盤を聞かないって言ってた。
懐古主義か?と思ったけれど、なんかわかる気もする。こんなキレイなアルバムじゃなかったから。

そんなこと言ってもあのThe Beatlesだから。
ポールいわく、「まとまりのない寄せ集めだって?あのビートルズのホワイトアルバムだぞ!黙れってんだ!」


「The BEATLES」  The Beatles

ディスク:1
1. Back in the U.S.S.R.    リンゴに叩いて欲しかった。歌い出しの半音をウロウロしてるメロディーはセンスがないと作れない。
2. Dear Prudence   ベースが良い。このコード進行はジョンらしさが爆発。メロにテンション音を持ってくるのはジョンのくせ?
3. Glass Onion   ひたすら格好いい。終わり方はアンソロジーのほうが好き。F→Dって。凄いね。Gm→C9とかも。
4. Ob-La-Di, Ob-La-Da   アンソロジーかイーシャーdemoのほうが好き。
5. Wild Honey Pie   Pixiesもカバー。ポールらしい曲。
6. Continuing Story of Bungalow Bill  ベースがいい。最後は「hey ok !」?。キーが変わっても不自然に思わせないよねジョンは。
7. While My Guitar Gently Weeps  E.Cのギター。この曲がないとこのアルバムは即死。Dear Prudenceのコード進行をマイナーでやるとこうなる。
8. Happiness Is a Warm Gun  がーうおー♪なカッコイイ曲。Amの♭5だっけ?違った、6か。Am6。全体的に6の音が効いてるね。凄い曲。
9. Martha My Dear   ピアノの練習になる。ルーポーの曲。さりげない変拍子。
10. I'm So Tired   サビのポールのハモリがイイ。BメロにEaugが意外と効いてる。この曲をTVで聞いてこのアルバムを知った。
11. Blackbird   ギターの練習になる曲。2フィンガーで。
12. Piggies    これはいらん。
13. Rocky Raccoon  歌い出しがカッコイイ。
14. Don't Pass Me By  フィドル(バイオリン)が気持ちいい。バスドラがバタバタ言ってる。
15. Why Don't We Do It in the Road?  曲もカッコイイがイントロのドラムが最高。ポールの狂気はヤバイ。「何で道でヤラねえんだ?」を連呼。
16. I Will   甘い。ひたすら甘いメロディー。キー的にウクレレで作ったと思う。
17. Julia   どーでもいい曲のひとつ。3フィンガーの練習にでも。


疲れた。

やるんじゃなかった。とりあえず半分終わった。
どうしてもジョンとジョージにヒイキして傾いてしまうから、あえてこの二人には辛目にコメント。



ディスク:2
1. Birthday  もっとベースの音を上げろよ。これよくジョンハモったね。
2. Yer Blues   これがダメな人は川のせせらぎでも聞いてろ。
3. Mother Nature's Son  最後に一旦マイナーになるのを最近知った。
4. Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey  かっこいいわぁ。イントロのリズムが未だに取れんけど。
5. Sexy Sadie  聞くとそうでもない。演奏すると気持ちいいコード進行。
6. Helter Skelter  リマスターよりも昔の音源が好き。最高。ポールの狂気。実はジョンのベースがヤバさを演出してる。
7. Long, Long, Long  Living~の映画のラストの曲。美。泣。
8. Revolution 1    シングルのロックバージョンのほうがいい。
9. Honey Pie     シャレオツな。 イントロはいいね。
10. Savoy Truffle   ギターのchoは気持ちいい。
11. Cry Baby Cry   ブートレグの激しいバージョンが好き。ブルーノートの音を歌いたかったんだろうけど効果はイマイチ。
12. Revolution 9  この曲が無いとwhite albumは大したこと無いと思う。リマスターはイマイチ。ちゃんと聞くと感動する。ヨーコの影響を受けた前衛音楽。 
13. Good Night  ジョンの優しい部分が出てる曲。リンゴの声がいい。最後だからついでにいうと、Gmaj7のF#の音を引っ張ってGメジャーになだれこむ美しさは素晴らしい。



20130810f.jpg


疲れた。

もう二度とやらん。

結構マニア向けの解説になってしまったけど、これでも物凄く譲歩してるから。

実はこのブログには Beatlesカテゴリーを作ってる。今までも何回もBeatlesのこと書いてみたけれど全部ボツにしてきた。何年かに一度はこんなんやりたいね。わからんけど。


□   □   □

20130810h.jpg
娘の夏休みの工作がたった今完成した。
なんかわからんけどイイんじゃないの?


■   ■   ■

20130810b_20130810121321c68.jpg

最後にアトリエの風景を。

a-daruiwabokega.


実は調子悪くてずっと休んでた。
この病気なんとかならんかなあ。

でも、この病気になってから絵が認められだした。いや、別に認められてはないか。
この病気になってから発表し始めただけだ。


いや、、

本当は知ってる。わかってる。

絵を描くのをやめたら病気が治ることを。


だからって、どうすればいいんだよ。



ゴーダワールド


【残念】 大切な大切な滅びの呪文を唱える時間に爆睡してしまた。 ずいぶん昔にそのタイトルの絵を描いたのを思い出した。

20130803c_201308031119538f6.jpg
「反抗する価値もない世界を傍観しています。」
岩絵の具、アクリル、シャーペン 


不覚にもラピュタの再放送で寝てしまって、「バルス祭り」とやらに参加できず何だか調子が悪い。
まあfacebookもtwitterもやってないしどーでもいいっちゃどーでもいいんだけど。

でもせっかくだからここで滅びの呪文を唱えることにしよ。
ん?ちょっとまて。深呼吸してっと。すーはーすーはー。
さて、
えっと、何だっけ?? あ、バルス ね。


あ、ちょっと待って。

大事なこと忘れてた。
先日に完成した立体作品がまさかの手違いでおかしな感じになってたので再撮した。

20130803b.jpg

どう考えてもこうだよね。
だってさ、タイトルがたしか、、何だっけ?ちょっと調べてくる。

ああ、そうそう。
「 昨日トイレで題名思いついたけど忘れたごめんなさい 」

ん? 
やべ。これタイトルあとで変えようって思ってたのに変えてない。
何だったかなあ、いいタイトルをトイレで思いついたんだけどなあ。
また、思い出したら直そう。


□   □   □

20130803d.jpg

今日は、普段できない日曜大工で大忙しだった。
ひと息ついたら、こうやって大好きなコーヒーが出てきたので撮影した。

アトリエのほうもいろいろとトンテンカンとやらなあかんことがあるんだけれどどうしても後回しになる。
そうはいってもアトリエはまずは作品を作りたくなる環境が第一だから。
すぐ作品を作れる(インスピレーションをカタチに出来る)状態にしておくことが大切だから、ごちゃごちゃしてても作品さえ作れたらいい。
整理してても作品が作れなければ意味はない。僕の場合。

この宇宙の隅っこのちっぽけな星で生まれて、なん・・・

・・・

いや、こんな話じゃない。何の話してたっけ?
何だっけ? 何か忘れてる気がする。
あ、思い出した。


バルス!!!



Goda world


Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。