ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 ユニゾンで歌おう 」  ※ユニゾンとは、同じメロディを一緒に同時に歌うこと。

20130127a.jpg

「 ユニゾンで歌おう 」

岩絵具、アクリル絵具、色鉛筆、シャーペン  F6


2013年、第一号はこれ。
去年、仮住まいの狭い狭い暗いアトリエで5ヶ月かけて描いた絵。
初披露は年初にCreemaの企画で、京都のギャラリーで出展しました。
搬入の前日まで描いてたよ。

まさかの「キャンバス」使用。F6。
F6は42.2cm×32.5cm。今ぐぐったよ。

実物はラメと岩絵具で光ってます。画像じゃわからんけど。


この絵は賛否両論あるみたい。そりゃそうだ。
まずは、市販キャンバスに描いたこと。
市販キャンバスに描いたのは、油絵具を使って写実画で女房を描いた時以来だ。ベトナムに行ったときだから10年くらい前か?
HPの作品集のどっかに載せてると思う。

下地がいつもと違うからどうしてもいつもの自分の絵にならない。
何とか仕上げたのはいいけれど、何度も消したほうがいいんじゃないかと思った。
なんせ、いつもの質感に結構、というか、かなり、こだわってるから。こう見えても。
こう見えてもって、どう見えてるか知らんけど。


「そらはこの絵好き」

だってさ。
いや、俺も好きだよ。
ま、そらはどの絵も「好き」って言ってくれるんですが。

そうは言っても俺だってどの絵にも思い入れがある。
当たり前だね。


2013の抱負は
「 勘違いしてもいいから大胆に行け 」だったな。
そういえば。

僕の口癖があって、それは「語るな」だ。

「ロックを語るな」
「芸術を語るな」
あと、その他もろもろ。とにかく「語るな」。

でも俺、ここでは語ってるね、いつも。これからも。
語っている僕を見てー。かまってほしいの。Fuckin。


これだけ色々と書きたいことがあるんだろうね。この絵は。おそらく。
言いたいことを詰め込んでるんだろう。語りたいんだろうね。伝わるのか。ダメかも知れんね。
そういう絵なんだよ。


□    □    □

20130127b.jpg

これ(日記)書いてたら、運送会社さんたちが2社同じ時間にやってきて、いろいろと運び込んでくださった。
運送会社さんには本当に頭上がらないよね。このチェストもそのひとつ。

この写真は今ここから(パソコンから)撮った写真。
思ったよりも小さくてイイじゃん。


☆  ☆  ☆

長くなった。何やってるんだか。


最後に綺麗事で締めていいですか。

昨日、ジョンレノンスーパーライブを見て思った事。
参加メンバー見て、ああ、いつものね。
食傷気味でもういいや、って思いながら見た。
しかし、正直に感動したのもある。息子も大きくなったね。
何だこりゃ?ってのもあった。見てられんのも。


愛と平和。LOVE&PEACE。チャリティー。


僕は、愛こそすべてだと思うよ。本気で。
平和は知らん。平和って何かわからん。

僕にとって、YOKO ONOの最高のパフォーマンスはSweet Torontoに変わりはない。
僕が一番最初に見た本当の意味での「芸術」だと思う。
感動した、なんてもんじゃない。
痺れて言葉が出なかった。まだ20才くらいの頃。
たったひとりで学校の図書館でたまたま見たんだ。

次点ではCut Peace。かな。でもJohnと一緒にやったSweet torontoが一番だ。


あ、キレイ事を言うんだっけ。


その前に、全然関係ないけれど、
「 A working class hero is something to be 」の超意訳を思いついた。
 
「 労働者階級の英雄(笑)だってさ・・。
  ったく、、バカみてぇ 」



20130127c.jpg

今、3階からの眺めを写真に撮ってきた。
写っているのは嵐山だ。


世界平和には俺は正直まったく興味がないけれど、
あなたがしあわせになれればいいなと本当に心からそう思う。


あなた、というのは、「あなた」 だ。


Goda world







スポンサーサイト

Creema主催のidギャラリーでの出展が終わりました。ぜんぜん関係ない話だけれど、ここのfc2ブログってgoogleなどで検索されなくなってるので移転をしようと考えてます。めんどくせーなあ。

20130116a.jpg

Creemaという小物や雑貨系、アクセサリー系(ネット販売)主催の全国展開のイベントが終わった。
来て頂いた方々本当に有難うございました。
お話させて頂いた方々ありがとうございました。

不思議な縁で出会ってからずっと親交の続いている作家さんのvancolaさんがブログに載せてくださったのでリンク貼っておきます。(ちゃんと許可取ってるす)
vancolaさんが載せてくれた日記

彼女の表現って絶妙なんだよな。いつも。
見透かされてそうで。ヤバイと思うときもある。
絵が好きで絵を見る人って同じ眼光なんだよ。鋭いの。ほとんどいないけど。
彼女は間違いなくその一人。

俺、目を見ればわかるんだよ。その人の。


20130116b.jpg

こどもってカワイイね。
ほおっておいたらいつまでも描くんだよ。描けるんだよ。
俺、一本の線を描くのに何十分もかかるんだよ。

20130116f.jpg

こんなカオスな状態に。
でも、ここでしか生まれないイイ絵だと思う。僕は気に入った。
アトリエに飾る。
最終日に雨が降っていたので、水色(オイルパステル)で雨を入れてオシャレにした。
まとまったよ。作品になった。
CAFEとかに飾ったらオシャレで楽しくてアンニュイな雰囲気もあっていいと思う。
そんなセンスあるCAFEに出会った事ないけど。


20130116d.jpg

最終日の当番中。


20130116c.jpg

これは面白いと思って浮かんでいたアイデアを実行した。
こんなコラボ?もいいと思う。


□   □   □

正直、このイベントに僕は場違いだった。
同じく出展してる作家さんからもそう言われたよ。
『GODAさんはCreemaじゃないと思う。これは純粋絵画だもん。』って。俺もそう思った。

俺から応募したので何とも言えないけれど確かにこれは違うわ。
今までのいろんな場所での出展は全部向こう側からの依頼だったから、僕の作風がわかっていて企画に合うから誘ってくれてたんだと思う。

他のギャラリー見ても今回のはあきらかに浮いているもん。
場違いで恥ずかしい気持ちになるってどんなプレイ?

作品に高い値段つけて、そんなことがウワサになって見に来てる(しかもお客さんじゃなくて作家さんたちだぜ)ってそれってどうなんだろう。どんなレベルなんだろう。


まあ、いいや。
終わった事はもうどうでもいい。


僕はもう次の作品に取り掛かっています。

そして、まだ六甲オルゴールミュージアムのROKKOアートマーケットは2/20まで出展してます。
こっちは本格的な契約もちゃんと交わしてるし、作品もその場で決めるとかじゃなくて打ち合わせの上に決めた作品を展示してます。

アートマーケットロゴ
ROKKO Artmarket ←こちらが詳細です。

展示もすべておまかせしてる。
僕も見に行くのが楽しみです。


Goda world




ROKKOアートマーケットが1/11から始まりました。(~2/20まで) で、Creemaのイベントに京都で参加中。(1/14まで)  違ったテイストでどちらもいい感じだと思う。

20130112a.jpg

明日1/13からidギャラリーの在廊中に描く絵の下地を制作した。

1/13(日)と1/14(月・祝日)はCreema主催のイベントで京都のidギャラリーにいます。
idギャラリー
その二日間はギャラリーで絵を描いてます。その下地が↑の写真。
描きたい人がいれば好きなように描いてもらうつもりです。いなければ一人で没頭してます。
そして、奥に写っている額?に入れて作品にするつもり。
どの部分が作品になるかはトリミング次第。

出展者で当番制 (そんなの初めてで失禁しそうになったけれど)なので僕は最終日の二日間の当番。
俺が他の人の作品も売るんだろうな、多分。
大丈夫かいな。陶器とか、、ガラスもんとか、、、怖いわ。mjd。
ヤバそうな作品の作家さんには前もって保険かけといたよ。「もし壊れても弁償は出来ませんすみません」って。
それにしても休日以外に出れる人って、、、凄いね!

idギャラリーさんは凄くセンスあるギャラリー。
狭い中に、空間を上手に使えるように設計されている。
こんなギャラリーさんも京都にあるんだ。
是非一度足を運んでみてはいかが?

白壁を全面的に使わせてもらうって話だったけれど、色々と事情が重なったので限られた空間で展示してます。それでもなかなか満足の展示が出来た。
もともと展示する予定だった作品は一気に変更して、ROKKOアートマーケットのほうに移しました。
六甲のほうでは色々と話を聞いて頂けることになって、結局予定よりもたくさんの絵を展示してもらっています。展示場所以外に、館内に展示してもらっているそうです。
こちらはずべておまかせですので、僕も見に行くのが楽しみです。

■ROKKOアートマーケットのほうは2/20まで展示してます。
ROKKOアートマーケット
ROKKOアートマーケット詳細

■idギャラリーのほうは1/14まで展示してます。
Creema Gallary's week


どちらもどうぞ。


Goda world





2013。上の告知のとおり京都と神戸で展示する。京都は1/13、14にギャラリーにいます。多分なんか絵を描いているはず。今の段階ではそれは次の絵の下書きのようなものになるつもり(もちろんトリミングするけどね)だけれど、どうなるかは知らん。ていうか新年早々長くてゴメンなさい。

20130106e.jpg

新年になっていきなり最初に京都と神戸で出展することになった。

年末に帰省する前、まずは六甲での展示の準備をせっせとしていた。
なんだか懐かしい。これ。(上の写真)
目から血を流してたんだよなー最初は。
そんなこたあどーでもいいか。


20130106b.jpg

準備も出来ずじまいで帰省。
帰る途中で「最後はインド料理で」ということで、とある四国のインド料理屋に入った。
2012年の最後はまさかのインド料理。

うん。まあ。  

京都のインド料理屋のほうがずっと美味しい。競争率高いからかな。


20130106c.jpg

愛媛の、とある工芸店。
京都の新しいアトリエに一枚板の木を置きたいなあ、って。
もちろん一本の木から切ったヤツ。 
値段が高いのに、家を建てたあとだから感覚が麻痺してる。

深呼吸して、現実を見て、断念。



20130106d.jpg

正月に虹を見るなんて良い年になりそうだ。
車から撮影。

虹については僕は聖書のくだりを結構信じてる。


20130106f.jpg

京都に戻る。
田舎ではずっと寝正月だった。
まるで漫画みたいに。

京都でスイッチを入れ替える。
まずは、六甲の展示準備。この絵は六甲へ。


今回は同時に二箇所(京都と神戸)で展示するから作品を分けた。
これを書いている時点では、京都のほうはまだ用意は出来ていない。


20130106g.jpg

とりあえず、去年本厄だったからお礼参りに。
家も無事に建ったからお礼参り。(なぜかこっちは別の神社)

場所はどこでもええねん。
僕が祈る対象は、場所が違えども同じ神だ。

うん。確かに同じ神樣に同じように同じことを報告してお礼して祈った。
家でもどこでも罵倒したり「死ねカス」とか言ったり感謝したりしてる同じ神様だ。

場所なんかどこでもええねん。


20130106a.jpg

さっき、風呂に入ってたら今年の抱負らしきものが降りてきた。


「 勘違いしてもいいから大胆に行け 」


なるほど。


Goda world

Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。