ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れて「こたつむり」になった僕。

1125a.jpg

立派な「こたつむり」になりました。

それはそれは立派なこたつむりに。


あれは何年前だっただろうか。
おそらく絵の活動(出展)をやり始めだした頃だから3~4年くらい前かな?
とつぜん僕は大声で叫びました。

「おい!コタツをとっぱらえ!
 こんなもんがあるから絵が描けないんだ!
 こんなもんはいらん!」

コタツを取っ払い、オイルヒーターなんてたいして温かくもないのに電気代がクソ高いものにだまされ、それでもあまりにも商品の値段が高かったことと、当時の話題性もあったことから、

「このくらいの寒さがいいんじゃない?
 春の陽気ってこんなもんじゃないかなあ、うん。
 コタツと違って躍動感が出るよねっ。身動きできるしっ」

と強がっていました。ここ何年か。



そして2011年の現在、僕は立派な「こたつむり」になりました。

どうも。おはようございます。
晴れてこたつむりになれたGODA WORLDのゴーダです。


寒いんだよ。KYOTOは。
コタツ最高。オイルヒーター死ね。
家族には今まで迷惑かけてきましたごめんなさい。
僕だけでなく、家族全員が「こたつむり」になりました。
娘なんかは中に入って出てこない。

当然、僕は絵を描かない。寒いし。
今月中に仕上げると言っていた大きい絵も無理。
とりあえず、年末までに延長。しかも未定。

いいねえ。何にもやる気でねえ。
いいんじゃねえかな。このままフェードアウトしちゃってもさ。

そういえば10年以上絵を描き続けてきたけれど出展し始めたのが3年くらい前で、それ以前は冬は絵を描いてなかったんだよね。寒いから。別に誰にも見せないし。

最近そんなこんなを考えていたら、もうすべてがめんどくせーや、って思ってしまい、「ああ、ここまでか。でもよくやったほうじゃないかなあ」なんて慰めてたのです。自分を。
正直なところ、もーどーでもいいやあって。


☆   ☆   ☆


神っているのかな。


すると、一通のメールが届いたのです。おとつい。
それは、僕が出展し始めた頃に小さな絵を買ってくれた方からでした。

そのメールには感謝の言葉と、絵を大切に飾って頂いていること。
自分の気分に合わせてくれるかのように僕の絵が語りかけてくれることなど。

何年もたって突然メールをいただいたものだから僕はびっくりしました。
そのかたは家にネット環境がないということで、ネットカフェなどで最近の僕のHPを見てくださったらしく、
ということは僕の名刺を何年も持っていてくださったということ。
そして、ネットカフェでわざわざ僕の名刺を持っていてくれていたということ。


いろいろ考えているうちに、

「あかん。
 俺、死にたいなんて言ってる場合じゃねえわ。
 絵描こ。絵を。こたつむりやってる場合じゃない。」




で、
昨日描きかけの小さい絵に少し手を入れました。
小さい絵をずいぶん描いてないので、うまくいかないけれど少し勘はとりもどせた気がする。

1125b.jpg


そして、大きい絵(240cm×120cm)も完成するように前にすすめました。

黙って黙々と真摯に。


地獄なんてもんがあるのならどーぞ僕が死んだら地獄でもどこでも連れてってください。
ただし、みんなが感動する絵を描いたあとにしてください。


GODA
スポンサーサイト

唾を吐きかける相手


あ”あ”あ”あ”あああー

ああ”ー。あ”ーー。


なんかもう耳が聞こえへん。あー、あー、。
雨降ったらいつもこうだ。

ええと、
現在、夜中の0:00。
調子悪い。
その理由はわかってる。実に単純極まりない下記の理由だ。


来年の一月までに薬を一個減らすように主治医から命令されました。
どうも僕が薬に依存しすぎているようなので、先生なりに考えてくださっているのはよーくわかる。

先生。ダメだよ。
おれ、ダメ人間だもん。
俺の本当の生活リズムを知ったら先生たぶん卒倒するんじゃないかな。

毎回検査のたびに嘘ばっかり申告してるし。
どーせ、バレてると思うけど。


sousaku3.jpg


今朝の台所風景。
殺伐とした僕の精神状況とは真逆のこの平和な台所風景。


そーなんだよ。
俺、なんでこんなに苦しんで絵を描いてるんだ?わからん。
俺、いったい何をしてんだ?
でも、なぜかはわからんけど絵を描かなきゃいけない気がする。
なぜかはわからんけど生きていかにゃならん気がする。
なぜかはわからんけど。


たとえば、

もし、明日死ぬと言われたら非常に困る。
まだ自分の求める絵が描けてない。
いつ死ぬかなんてわからんじゃないか。
人間なんてクソみたいな存在だ。あっさり死ぬし。
つまりは・・そーいうことだ。


薬のない僕って、この程度さ。
ま、薬があってもたいしたことねーけど。
普通は今までならば、このテンションの日は日記を書かないんだけれど、
自分のくだらなさ、しょーも無さを露呈しておこうと思って今書いています。


んー、なんだこの日記。
ほんとくだらねー。どーでもいいわ。



sousaku2.jpg sousaku1.jpg

久しぶりにおっさん二人で食べて飲んで語って。
福元さんは来年のNYとフランスでの出展に向けて製作中らしい。

絵の業界のことをよく知っていて勉強になる。
ま、絵の業界の事情なんてわからんし、たいして興味ねえけど、知っていて損はない。
本人も言っているとおり聞けば聞くほど確かにくだらねえ業界みたいだ。

くだらねえ?
いいんじゃねえの?


人間なんてくだらねえじゃん。
素晴らしい?美しい? どこが?
あんな津波なんかに流されてあっさり死ぬんだよ?

俺、もし今あんな死に方して、あっちで神なんてもんに会ったとしたら
思いっきり唾吐きかけてやるわ。



な?こんな日記になるんだよ。



GODA










ムンクに再会した。

ムンクを見に行ってきました。

「ムンクを見に行った」と言えば、まあ実際はいろいろとツッコミどころ満載の表現になるんだけれどいいんだよそんなことは。
誰が何と言おうと、僕は「ムンクを見るためにいった」のだから。


12~13年ぶりにムンクに再会。

ムンクの「マドンナ」が来ているという情報を得て、それ以来、地に足がつかないとはまさにこのことで、クソみたいな社畜労働の日常を思いっきり愛をこめて手抜き&テキトーに過ごし、やっと今日、京都駅の美術館に。


munch1.jpg


munch2.jpg


正直なところ、昔に受けたあの衝撃はもう無いかもしれないな・・と思っていました。

んが!!

この興奮。まだ冷めない。ビックリマークを使うなんてよっぽどだ。スゴイの一言。やっぱりムンクはスゴイ。
たった3枚しか飾られてないのにこの圧倒的存在感。
僕にとっては、ムンク以外はぜんぜん目に入らなかった。

買ったのも↑の本だけ。ムンク展じゃないのに。


12~13年以上前?にムンク展を見て衝撃を受けて、自分が本当に表現したいものがここにある!と思って音楽活動をやめ、真剣に絵を描こうと思ったあの感動は全く微塵も失わずに今日また同じ感動を得た。

違うことと言ったら、昔は絵のことなんて何にも知らなかったから「マドンナ」が(というかムンクの絵は基本)リトグラフだったのを今日はじめて知ったことかな。

俺にとってはそんなことどーでもいいけど。


それにしてもまさか、そのときに一番感動した絵がまた来てるなんて。(写真2枚目の左側)
この時期に、この絵に再会できたことは・・。
まあ、いいや。



これだけは言える。


ムンクの絵に出会わなければ今の自分はない。

もっと具体的に言おうか。
もうこの世にいなかったと思う。



Goda






「わが生涯に一片の悔いなし」といって死んだラオウはやっぱりカッコいいね。漫画だけどさ。『一片の悔いなし』だよ? うらやましいな。羨ましくない? あっそ。


そういえば。

ずいぶん長いあいだ小さい絵を描いてないなあ。と昨日の夜中に突然思い出してべニアの木に描いてみました。途中だけど。
小さい絵もほとんど無くなっちゃったので、また時間みつけて描こう。

enotochuu4.jpg

おはようございます。GODA WORLDのゴーダです。
さっき寝たところなのにもう起床。AM 6:50。

上の写真は今さっき撮影したもの。
右側から朝日が少し入ってきてます。

白い椅子はホームセンターMUSASHIで210円で買ったもの。


☆   ☆   ☆

お昼になりました。

今日は予定があったけれど雨で僕の体調がかなり悪いので中止に。
なので、ちょっとダラダラとなんか書きます。



絵を描いたからどーした?っていつもいつも思うんだけれど、じゃあ何が出来るんだいって言われれば結局のところ何にも出来ないんだよね、俺。

最近ちょっとだけ考えたことは、あ、うそうそ、ちょっとじゃないや、たくさん、だ、何でウソつくかなあ、毎日めっちゃいろんなこと考えて葛藤して自問自答してるのに、それを隠そうとしてしまうんだよね。

ま、いいや。
その考えてることとは、それは、「もし世の中が大きく変わって不満のない社会へと変貌を遂げたとしたならば、自分はもう絵を描くなんてこともしないかもしれないなあ」って。

だから、自分はいわゆる純粋に絵を描きたいとか絵描きだとか絵を描くことが好きだから絵を描くとかいう人間じゃなくて、これしかこの地球でやることがない、だけの人間なんだなあって。

絵を描いてない自分は、ただ呼吸して食べて排泄してるだけの存在で、死んでいる。生きてはいない。
どんな小さなものだろうが、落書きだろうが、絵を描いているとき僕は「生きている」。

本当にクソみたいな人間だと思う。


ま、あれだ。

つまりは、そーいうことだ。


ようするに、Fuckin だ。


junyatosora.jpg


GODA




Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。