ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダイサッカイ」とかいう言葉をずいぶん遥か昔に聞いたことがあったんだけれど、もちろん笑い飛ばしていたんだけれど、去年と今年がその「ダイサッカイ」とやらだと聞いて「むむむっ」っと唇を噛み締めているゴーダです。はい。


camisole.jpg


毎回タイトルが長いんじゃねえの?って言われましたが、違うのです。まったく違うのです。
僕は、日記をこのブログに移す前まではタイトルなんていうクソ面倒臭いものは付けてなかったのです。

だから、タイトルではなく普通に日記の冒頭部分というだけであって、タイトルではなくあれは日記の一部分なのです。って別に鼻の穴をゴルフボールのようにふくらませて言うことでもなくて、どうでもいいんですけれどね。


で、上の絵が今回の作品制作の休憩がてらに描いた小作品です。


あまった岩絵の具とアクリルで。いつものように。



そんなことよりも「大殺界」。すごいネーミングじゃ。
確かに他人から見たら僕はまさに健康的には「大殺界」そのものだろうけれど、正直なところまったく気にしていません。むしろ、「ふーん、こんなもんか」ってくらいです。

それよりも自分の絵が少しずつ前に進みだした。

わかってくれる人が少しずつだけれど現れた。
僕も絵が描けだした。やっと描けるようになってきた。
そして、家族はけっして裕福ではないけれど仲良く健康である。
自己との対話がインスピレーションとなって作品にあらわれている。
ひとりであっても、ひとりぼっちではない。
荒井由美ではないが、目に映るすべてのものはメッセージだと思う。
クソったれな世の中だ。だけれど美しい。

どこが「大殺界」じゃ。



自分のドラマの導火線は、2年くらい前につけた。絵で。
その絵の題名は「 so I lit a fire 」

大好きなBEATLESの「ノルウェイの森」の一節。


灯りを灯(とも)したら、照らされた道(未知)を歩いてゆくだけです。












スポンサーサイト

何だよ突然、「おとうくん」ってさ。「おとうさん」だろ?お前昨日までちゃんと「おとうさん」って呼んでいたじゃねぇか。いきなり何のジャブもなく「おとうくん」なんて呼ばれても困るよ。



頭蓋骨あけました。
手術しました。
それはそれは痛かったです。いろんな意味で。

でも、

ぜんぜん体調ダメ。

で、結局ドラッガーに戻りました。
また薬漬けに逆戻り。
俺はハトかよ、っていうくらい錠剤を飲んでます。


ドラッガーゴーダ。


なんかかっこいい響きじゃないか。
ドラッガー・・。
・・なんもカッコエエ事あらへんがな。


朝はだいたい、
「ぼくお仕事行きたくないの。だってお熱がある気がするんだもん」病に毎日かかっている僕を起こしてくれるのは本日5才になる娘ですが、最近、「おとうくん、起きなさい」 と言うのです。

「おとうくん」か。

男の子には「くん」づけで呼ぶんだぞって誰かに言われたんかな。
めんどくせぇからほおっておこ。

別に「おとうくん」でいいし。



☆  ☆  ☆

whatever.jpg

↑の絵は、昨日夜中に描きあげた小作品。
無理やり仕上げた感が大きいけれど、これはこれで終了。

最近しんどいからこういう体勢で仰向けでじっとしてること多いよな。

目がふらふらするし。

あ、そういえば乱視らしくてメガネをかけることになりました。
ガンジーやジョンレノンみたいな丸メガネを希望したけれどなかったです。


最近流行っているらしいメガネを勧められて、いわゆる世間で「流行りモノ」と呼ばれるものが一番ダサいと思っている僕なのですが、なんだかものすごく面倒臭くなってきて「何でもいいよ、んじゃあソレで」って決めてしまいました。

ああ、自分をなくす(殺す)瞬間ってこんな感じなんだと。


しかも、そのへんのガクセイあたりがつけてそうなメガネ。



before.jpg

これは今製作途中の作品。下地塗ってるところ。
最近このサイズの作品に3ヶ月くらいかかっているので今度はサッと仕上げてみたい。

サッと。
1ヶ月くらいで。

・・無理やな。


んで、久しぶりに壁紙に描いてます。
初心にちょっと戻りたいなあって思いまして。

あの、絵に対する初期衝動というか。
不安や葛藤さえも包み込んでそのままで昇華させるエネルギー。

たとえ神さまが目の前にあらわれて

「絵なんかやめなさい。」

と言ったとしても、絶対やめない。
そんな、僕にはめずらしい熱い想い。


仕事をやめなさいって言われたら秒殺でやめるけどね。



おそらく、ここが僕にとって世の中で一番大切と言われている「お金」には代えられない、自分にとって一番大切な何かだと思います。




血も涙もないよねeo光って。HPの画像アップを拒否されだしたので今日からはこちらにアップしていこうと決めたんです。つい、さっき。

えっと。

手術も成功して無事退院してきました、ゴーダです。

そして、入院中に描きかけの絵のインスピレーションを得て、ようやく仕上げました。

やっぱり手術してよかったなあ。
もちろん病気が治ることは当然ですが、それよりも手術したおかげで絵を仕上げることが出来たからよかった。

libido
「 リビドー 」 岩絵の具、アクリル、色鉛筆   1150×1150(mm)



↑サムネイルです。クリックしたら大きくなります。


画像だとこんなもんなのか。

実物は結構大きいから、ちょっと迫力あるんだけどな。


☆   ☆   ☆


とうとうHPに画像アップ出来なくなってしまいまして、こちらにアップしていくことになってしまいました。

なんだかHPと勝手が違うのでとてもやりづらいですけれど、今、横で一生懸命Wii Fitのヨガのエクササイズを汗水垂らしながら画面の先生の笛の音とともに「イチ、ニ、イチ、ニ、そうそう、わき腹を締めて」とか言われながら変なポーズで運動している女房を見ていると、もう何か、すべてが、ほんまにどーでもいい、もうどーでもええわって気分になってしまいます。

あかん・・笑える。


横でこの日記を書いている僕は、新作が出来たのでその意識に(僕にとって大きい絵はこんな絵ですがすごい精神状態で描いてます)その精神状態に持っていきたいんだけれど、、、、正反対だもんね。

だからこそいいのかな。中和されて。


あかん・・客観的に見たら笑えるわ。ヨガ。
しかも、娘も一緒に。


でも・・・これでいいんだ。中和されて。


ちゃんとその感じも絵に出てるようにも見えてきたし。


んー、今日はクソ面倒な陰気くさい芸術論みたいなのは、やーめた。

だいたい、論じることは評論家にでもやらせといて自分はまた新しい絵にとりかかろう。
うん、そうしよう。



こんな絵柄でも伝わる人には伝わる。
すごいエナジーで描いているんだから、必ず伝わる人はいる。

自信を持てよ俺。
自分を許してやれよ。



「怖いのは否定されること
 僕のこころは臆病だな」

って歌って死んだフジファブリックのVo。


正直だよなあ。
















画像アップロードのテスト 2



画像アップロードのテスト2


岩絵の具、アクリル  木板

tuuro_20100605100006.jpg

絵のアップロードのテスト


アップロードのテスト


岩絵の具、アクリル、色鉛筆   木材

nawatobi


Top

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。