ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それを絵画というごくシンプルな方法で表現している。 これだけ。

20150517a.jpg

Goda world のゴーダです。

これは僕ではありません。
こんな下書きなしで一発で模写なんか出来るわけないし。
ちなみに隠し撮り。

女房だよ。イラストレーターやってたし。
娘へのプレゼントらしい。
職人技だね。ここまでで8時間~10時間くらいだと思う。
いや、もっとか。

線画だからって舐めてたらアカンよ。
これ、何ミリかずつ線を引いていく驚くような描き方だから。
下書きなしの一発で。

凄いバランス感覚や構成力が無いと絶対に出来ないね。


こいつ本当は物凄いヤツなんだろうなって。
芸大の学長賞を取るヤツだし。
いや、それ系の学校出たらこれくらいのことは出来るようになるんかもな。
知らんけど。
ちなみに僕はただの経営学部出身だ。それすらも忘れてたけれど。
美術なんて習ったことも無いし、習うものだなんてことも知らん。


上の写真とはぜんぜん違って、
Goda worldは、一本の線を決めるのにああでもないこうでもないって描いたり消したり引っ掻いたり塗ったり潰したりの繰り返し。何日も何か月もかけて。
本当はさ、雪舟みたいに一発で決められたらカッコええなあ、って思うよ。
ゲージュツやなあって。
あ、これがアカンのか。こんな書き方ひとつで感化されないように。
芸術だなあって。

でもやらない。
そもそも出来ないし、別にやりたくもない。

いや別に雪舟をdisってるわけじゃないよ。まあdisっててもええけど。

何度でも言うよ。


自分の奥深く、そのまた奥深い部分に入っていけば、「ある共鳴」や振動が生まれる聖域がある。
その世界に境界線は無い。誰もが生まれる前は知っていた場所。
それを個という幻想を作り出し戯れることが出来るこちらの世界の「今」を生きるリアルな現実とリンクさせると必ず葛藤が生まれる。 葛藤の無い人間など存在しない。
それを絵画というごくシンプルな方法で表現している。

これだけ。

ほんと、これだけ。


革新性? 何それ、知らん。



 
20150517c.jpg

こんなん買った。
メガネホルダーだって。
アトリエの老眼鏡置きにしよう。
絵の具の中に紛れ込んでてめちゃくちゃだから。


Goda world




スポンサーサイト

「 忘れてた。海って怖いね 」

20120826a.jpg

海って怖いね。

海や川で泳ぐのが当たり前という田舎で育ったにもかかわらず、海が怖いっていう当たり前のことを忘れていた。
だから久しぶりに今年海で泳いで海の怖さを思い出したので絵にした。

海って怖い。
真夏の空の下で泳ぐと気持ちいいんだけれどね。
ふっとポツンとひとりになった時、畏怖を感じる。

ポニョを見て子供たちが泣き叫ぶのは正常です。
海は怖いものだから。

あの映画は海の怖さをしっかりと表現できていると思う。
海を知っている人の絵だと思う。・・いや、言い過ぎか。

いらん描写もたくさんあったよな。うん。


20120826b.jpg

髭を剃った。

気持ちいい。
これを書きながらたった今撮ったばかりのナルってる写真を。ホレ(゚Д゚)ノ⌒

ん。

でもこれどうなんや?
こんな写真いる?
イヤイヤ撮っているし。
こんなんでも続けたら何かが生まれるかな?
これでも何かが伝わるならいいけど。
ギャルとかが必死で何回も撮り直した写真載せたりしてるよね?あんな感じか?
かなりキモイんですけど。

ま、それでもええけどさ。


ゴーダワールド




GWに久しぶりに京都で出展します。嬉しい、嬉しいよ地元って。家から電車で10分程度のところで出展できるなんて、こんなうれしいことは無いよね。なんか嬉しい。めちゃ嬉しい。


作品を出展します。

★場所 京都 Zest御池 ギャラリーマグネットアパート
     (地下鉄東西線「京都市役所前」駅下車すぐ
                美容室はなはなの隣)

★期間 5月1日(日)~5月5日(木)
     時間 10:30~20:00 (最終日は18:00)
    
enotochuu3.jpg

他にもいろんな作家さんが出展しますが

その中でも僕は部屋をひと部屋を借りきって個展形式でやります。

今のところの予定は、大きい絵が8枚で、小さい絵も合わせると20~25点以上出展します。たぶん。

おそらく今まで出展してきた中で一番たくさんの絵を出展します。
昔の絵も少し展示しようと思っています。

いろんな作家さんが出展されますが、僕の中ではこれは個展という位置づけでいます。


久しぶりに京都で展示します。
京都は去年の夏ぐらいに京都文化博物館で出展して以来です。


↓その時の展示 (サムネイルなので大きくなります)
hakubutukanok.jpg


うん。懐かしい。

そういえば今思い出したけれど、この出展の経験から名前を「GODA WORLD」に変えたんだった。

それでもそれ以降、トーク会なんかをやっても自分のことを「ゴーダです」って言ってしまうんだけどさ。

ま、いいか。ゴーダなんだし。
あくまで作家名がゴーダワールドで。ややこしいけど。


GWに出展。

まあ、何て言うんですか、出不精の僕が言うのもなんですが、
わざわざ連休に人の多いところ行くのも疲れるじゃないですか。
GWにたとえお出かけしても、空いた日にはぜひZest御池へ。


僕自身はきまぐれな人間なのでいつ展示場に在廊してるかわかりませんが、もしいない場合でもどんなことでも気になったことがあれば(例えば絵のことについて質問とか、感想とか、何でもいいです)、お気軽にメールなど頂けたら嬉しいです。(HPにメールの欄を設けてます)


京都で出展かあ。
楽しみだなあ。



GODA











次の展示までにあと一ヶ月になったけれど、まだまだ描いている絵は泥沼にはまったままで抜け出せないのです。けれど、なぜか何にも心配してない俺。不思議だけれど。

sorapic1.jpg

僕は乱視がきつくなってきたのでメガネをかけています。

カラダも生き物なのでガタがくるのはまあ、しょうがないのです。

乱視になったのは手術の後遺症ですが、その手術の入院中に読む予定だった「1Q84 3巻」が途中から乱視がきつくて読めなくなってしまって最近までずっとほったらかしでした。

その残りをここ一週間ほどかけてやっと読み終えました。

村上春樹の作品はたくさん読んでいるけれど、いろんな批評がある中で(というかインターネットなんかを見ていると、みんな批評とか評論というものがスゴイですね、レビューとか書いたりして。)ぼくとしては特に批評とか評論なんかは興味ないというかできないんですが、今までの村上春樹の作品で僕が一番好きな作品は「風の歌を聴け」です。

村上春樹の処女作ですが、完璧だと僕は思います。


今回の1Q84はまだ話が途中なので(多分)わかりませんが、何を言いたいかと言いますと、今回読み終えた「1Q84」は今の僕にとって大事な本だったっていうことです。
今まで読む気がなかった(読めなかった)のは時期的にも仕方がなかったのかなって思いました。


で、


のっけから冒頭の絵とまったく関係の無い内容ですみません。


とりあえず外の雪景色はキレイです。

snow.jpg



冒頭の絵はむすめが描いた絵です。


もう一度出します。↓
sorapic1.jpg

女房と娘がいつも身につけているバッグなんかも描かれているし、黒色のハートマークで二人が仲がいいことを表しているイイ絵だなって思っていたら、「お父ちゃんもいるで」って言われた。

え?

ひょっとして・・いや、ひょっとせんでもコレか?

sorapic3.jpg

・・・逃走犯?

しかも、何ていうか、愛のない手抜きな線。
何だかよく見ると「みち」とか書かれている道路標識のようなモノが。

そっちに向かって逃走してるように見える俺。


■   ■   ■


娘よ。俺は何にも逃げてないで。何からも。

もう、逃げない。

今までは逃げてた。絵を描くことから。

絵を描くためにここに生まれてきたのに逃げていた。

もう逃げない。

逃げないのです。



GODA



sorapic2.jpg

ごうだそら  5才  「ぴんきーまかろん」



詳細はまた今度書くけれど、今年最後になる出展を決めました、さっき。何だろうね、強いて言えば、単なる気分かも知れないね。

roomhello.jpg

今年中は、定年退職したあとのジジイのように静かに制作に没頭にふけるつもりだったんだけれど、んー、やっぱり最後にひとつだけ出展してしまおう、とさっき決めました。

いろいろと出展のお誘いしてくださったのに断ってしまった方々、本当にお誘いくださってありがとうございます。そして、お断りして申し訳ありません。


タイミングかな。


中には物凄く興味のあった出展もあったのですが、やっぱりタイミングが。
今回決めた出展は、少しだけ無理して頑張れば新作を出展できるっていうタイミングの企画でしたので。


で、突然決めたからちょっと焦っています。
だって仕上がってないし。
仕上がるかどうか微妙だし。仕上がらなくてもそのまま出すけど。
今、定年退職のジジイから脱却するよう脳内の変換をしております。


俺、体、あと二つ、欲しい。


そして、その二つの体で吸収した経験や目で見たものや考え方などを今のこの僕のOSのデータに入れたい。
自分の絵はやっぱりそんな日常生活がないと生まれないから。

仕事に行ってくれるカラダ
家族と人生を生きてるカラダ


欲しい。そのふたつ。
そうでないと絵なんか描いてる時間ねえよ。
ゴッホは死ぬ前の一年間で150点もの作品を描いたそうだ。

150点!!

俺は今、4点が限度。小さい絵を入れたらそれでも30くらいか。


でも、やはり妥協だけはしたくないし。
自分には自分にあったやり方があると思うし。

何かに急かされたり、ガンジガラメになってまで絵を描く意味は自分にはないし。
こんなに不自由な世界に生きているのに、絵くらい自由でいたい。



おおっと、娘が二階で泣いている。
あいつまだ一人で寝られへんのかいな。
しょうがないから今日はここまでにします。


最後に、昨日書いたメモ。


「 しばられるくらいなら、絵なんか描かない 」




GODA





Top|Next »

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。