ゴーダワールド

 hello. i love you. oh right! Let’s die. Actually, Let’s enjoy my life

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕はダサいかも知れんが 完成品に言い訳などしないよ

IMG_5930.jpg

汚い画像ですみません

僕はあまり汚いアトリエとかあまり好きではありません
それがかっこいいとか思った時期もありましたが、今はまったく思わない

でも、本気の絵を描こうとすれば
途中なんてこんなもんですし

何にしても
絵にしろ何にしろ
仕上がりがすべてですから

自分の完成作品を見せといて
言い訳や言い逃れや後悔、弁解、釈明など
ダサいです


僕はダサいかも知れんが
完成品に言い訳などしないよ



ho-sikko.jpg

古い画像でこんにちは
ゴーダワールドのゴーダです

懐かしい
鳳凰の「ホウさん」、これでも鳥だ

サインも本名ですね
別に晒しても何にも恥ずかしくないよ

それよりも
この頃は制作年とサインを律儀に入れてますね

2004って古っ
まだ人間なんて描いたことも無いころ

この頃は人間になんか全く興味無かったし
描きたくもなかったしね

あ、そうそう
これ、油絵ですよ


つまようじで引っ搔いて線を出してるの


何でそんなことをしてたかって?

さあ? 知らん


こんな古い画像引っ張ってきて一体何をしたいかと言うと

この一年後、女房が妊娠して娘を授かることになるなんて
この時一体だれが予想したでしょうか


いつだって未来は無限で、可能性の宝庫
誰だってそうだ、あなたも
諦めたきゃ勝手に諦めればいいが、希望を捨てちゃいかん

ぼくはパンドラの箱を開けたけれど
たしかにそこには「希望」しか入ってなかったよ


希望なしで生きてはいけないよ
今だって


ゼウスの物語に嘘はなかったんだと
本当にそう思う

この古い絵を見て、心からそう思いました



















スポンサーサイト

地震の前の3日間、僕はすごい地響きのような低音耳鳴りが続いていたのに地震の後はパッタリと鳴りやんだのさ、俺、画家とか陰気臭いことやめて地震予知の詐欺師になろうかなってちょっと思ってるんだけど

GRP_0288.jpg

それは一先ず置いておいて
それよりも、懐かしい画像が出てきた↑
油絵の具なので、少なくとも10年以上前だ

スタイルは今と何も変わってない
ただ、油絵の具を岩絵の具とアクリルに変えただけ
普通の布にマスキングして描くのは同じ

このマスキングっていう作業なんだけれど、この頃は区画線工事の仕事をしていたからそれを応用しただけだ
その時の写真が出てきたので載せる
(写真で作図をして白線を引いているのは俺だよ)

2008_03180057.jpg

この会社は最高だったね
儲かっている会社ではなかったし、資金繰りは大変だったと思うけれど毎日が本当に楽しかったし、充実してた
潰れたんだよ、あの悪夢の政権交代で

ひとつの会社が潰れていく過程をまざまざと見せつけられた
そして、カネに群がってるだけの奴らはどういう人間かというのを肌で学んだ
勉強になったね
今、羽振りが良い、もしくは、羽振りが良いと勘違いしている会社は本当に気を付けたほうがいいと思うね
群がってくる人間と、その甘い罠に
そして自らのその根拠のない自尊心と慢心に
落ちぶれた時に本当に支えてくれるのはどういう人間か

ま、知ったこっちゃないだろうけど


この頃の僕は、見てのとおりめっちゃ元気だ
こんな写真がみつかって嬉しい


とにかく、現在の自分の絵の基礎はすべてこの会社で学んだことばかり

油絵の具だって筆なんか使わなかったよ
ヘラやナイフで塗るだけさ、マスキングして
それも、
実際に、この白線工事で学んだんだ



娘はちょうど生まれた頃だったから
こんな元気なころの僕を知らない
恐らく一生知らないままだろう
娘が物心ついた頃には俺は今の病気にかかっていたから

この病気は本当に、、

言わせて欲しい
クソが
クソファッキンだぜクソファッキン
だからって、誰に文句が言える?
誰にも言えやしない

俺に不平を言う資格などないんだよ
I can't complain
I CAN'T COMPLAIN

そんな人間が描く絵ですまない
もっと明るい絵がいいよね
なるべく無邪気な明るい絵を描こうと思うんだけれど

おそらく
こんな流刑星に飛ばされて、誰にもぶつけることの出来ない「やるせなさ」を心に抱えている同じような人がいるんじゃないかと僕は勝手に思っている

どんなに楽しいふりをして取り繕ったって、人間は歪で哀れで物悲しい醜い存在だよ
だから「笑い」を生み出したっていう皮肉な名言まである

他人は他人
自分は自分
そんなことはわかってるって
うるせえバーカ
うるせえんだよ
ネガとかポジとかよ
どーでもいいじゃねえかよ
どっちも同じなんだよ覚えとけ

だけど
「俺はしあわせだぜ」
って言ったとき
ちょっとまわりを見渡しせば、どこか薄ら寒い風がぴゅーっと吹くのは
たぶん
そういうことなんだろうなって
そう思った2016の秋


ラストスパートだが
目の前にして酸欠寸前状態だ
フェードアウトもいいね

フェードアウトもさ
フェードアウト&ドロップアウト

とりあえず
今描いている大型の絵、「客寄せパンダにもなれなかったぜファックオフ」 (仮) だけは仕上げたい



ゴーダワールド




今日散髪に行ってさっぱりとしたわりにはパーマネンツがまだふんわりと残っていたので、何だか気分が良くなってマイルスデイビスを借りよう!って。


20150308a.jpg


こんなんが見つかりました。

10年以上前の絵。 黒い画用紙に油絵。
本当は銅版画みたいなことをしたかったんだと思う。
引っ掻いて線を描いてるし。

銅版画なんてもん当時は知らんし。
まあ今でも知らんけど。



□    □    □

おれオウチでイモムシのようにのそのそしてます。
ずっとダラダラしていたいです。 このまま一生。

いや、嘘つきました。一生は逆にしんどい。
たまーに、はしゃぎたい。

でも今は眠り続けたい。このまま。
娘にも女房にも叱られると思うけれど、もうこのまま眠りたいわあ。

ネガティブ?違います。
ネガとかポジとか、違うよ。
もうそろそろその二極化の発想やめましょう。
世界は二元論で成り立ってないから。
多角的に、いろんな角度から物事をとらえないとそのものの本来のカタチは見えてきません。

ま、いいや、

で、よく聞かれるんだよな。

「絵を描き続ける原動力って何ですか?」って。


そんなん知らん。

 



20150308b.jpg

マイルスデイビスだ。

音楽の玄人さん、Jazzの通さんからはマイルスのアルバムで何でそれ?って言われるはず。
なぜ突然これを?

理由があるとするならば、今日散髪に行ってさっぱりとしたわりにはパーマネンツがまだふんわりと残っていたので、何だか気分が良くなってマイルスデイビスを借りよう!って。
んで、さっきこれを図書館で借りてきた。

ええよ。やっぱり。



珈琲のこと書こうか。

女房が煎れるコーヒーは、ほぼ2社の焙煎豆に確定しそうだ。まだわからんが。
ずっと試飲してきて、世間のそのへんのコーヒーが不味くて飲めなくなってきた。
某有名チェーン店たちのコーヒーも『たいしたことねえな』って思ってきた。

それはおいといて、
この確定しそうな2社は、スタイルが全く逆。面白い。

一つは、物凄くストイックで、こだわりがあって珈琲の焙煎にも哲学的な要素を取り入れている。
いろんなところへ出張にも出て、本も出している。

もう一つは、こだわりはあるんだろうが、結構あっけらかんとして作っている。
どちらかというと家庭的でその合間にやっている感じ。

そして、僕は何度飲んでも後者の豆が好きだ。
どちらもめちゃ美味い。ただ、好みは後者だ。
ちなみに女房は前者だ。


余談だけれど、かつてThe Beatlesのプロデューサーを受け持ったジョージマーティンは、The Beatlesをデビューさせるにおいてメインボーカルを誰にしようかと物凄く迷っていたらしい。

そして、そんなある日突然に思いついた。
「そうだ、全員にリードボーカルをやらせてみたら面白いんじゃないか?」

こうやって決められたリードボーカルがいない全員で歌う稀有なロックグループが出来た。


僕は、焙煎豆だってひとつに絞る必要は全く無いと思っている。
何ならこれからもっとイイのに出会ったらそれも出せばいいと思う。
そのうち、自分で焙煎するようになるのもいいし。
 

僕は、自分の絵がどのように受け入れられているのかあまりわかっていない。
ストイックにやってるつもりも無いがテキトーにやっていると言われれば何か腹が立つ。

たとえば、尊敬してやまないエドヴァルドムンクが糞野郎だったとしてもどーでもいい。
ぼくはムンクの人柄に感動したのでは無い。彼が描いた絵に感動したのだから。


ええと・・。
長くなったな。

ていうか、眠い。


寝る。



Goda world




















油絵 布(70X80)

sora-shajituweb.jpg

最近はまっている音楽がインドの街中でかかっていたそのものの音源を収録した(しかもモノラルで)かなり濃い、脳内トリップ度抜群のCD
「インドカレー屋さんのBGM 激辛編」 なんですが、はじめはインドを懐かしむつもりで聴いていたのですがこれがなかなかはっきり言ってかなりよく、そろそろまた格安航空券を求めて旅行会社の扉を叩きかねないのです。



毎日毎日ループで聞きまくっているうちに、その曲の流れる順番やアルバム全体の雰囲気やポップさがシュガーベイブの「 SONGS 」に匹敵する、と友人に豪語したがまったく相手にされず。



まあそれにしてもどうせインド行っても帰る頃には「 インド人全員殺す 」と言ってることだけは1000%間違いないんだから止めときゃいいのに、、、でも不思議とまた行きたくなるのは何故?。





布切れに黒ジェッソ、油彩、ハッチング。

「HELP ME」 油彩、型紙

ho-helpweb.jpg


今日も潰れかけの会社の事務所でひとりポッキー食べながら村上春樹の読書にはげんでます。
仕事がないんだから例えまわりの人間に影口叩かれたってぼくは少しも気にしないし、というかぼくは影口叩かれるほど友達いないんだった。てへ。
まわりから見ると『あいつ一日中何にもしないで給料もらってキラクなもんやのう』と絶対思われてる、し、正解。ファイナルアンサー。

でも実際ぼくは給料滞納されててまともに払ってもらってないんだからって・・こんなこと別にいいか。今はとりあえず妻子を食わせていけたら僕自身は特に何も望まないし実際欲しいものなどこの世に何もない。
欲しいものは全部持ってるし、もしくはお金じゃ買えないもんだし。

この作品の日付が2004年11月と小さく書いてるからずいぶん前。
えっとこの時は無職やったのかな、フリーカメラマンだった時かな、忘れちったけどまあHELP MEって書くくらいだから大変だったはず。
夫婦でフリマとか出して生活費稼いでたような気もする。でもその金でベトナムに旅に出たなあ、確か。

HELP MEなんて書いても誰も助けられないことは百も承知だ。
ぼくは誰か他人に向かって書いた言葉ではない。自分自身にむかって大声で叫んで主張したのだ。その時も、そして今も。
そしておそらくこれからもずっと。死ぬまで。






Top|Next »

HOME

ゴーダワールド   Goda world

Author:ゴーダワールド   Goda world
   
京都在住
画家
既婚
レッドブルぶどう味
コーヒーはブラック
最近はラテ

web site ↓


http://www.eonet.ne.jp/~goda


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


contact ↓
メールはこちらへ

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。